二刀流?!投手部門シルバースラッガー賞!大谷翔平が目指すMLBの打撃も良いピッチャー

  • 2016/7/13
  • 二刀流?!投手部門シルバースラッガー賞!大谷翔平が目指すMLBの打撃も良いピッチャー はコメントを受け付けていません。






もし大谷翔平がナ・リーグのチームに移籍したら?

日本球界の宝「二刀流」大谷翔平。彼が目指す「メジャーリーグ」では、投打共に彼ほどの怪物はいるのか。今回はメジャーリーグの打撃の良いピッチャーの紹介します。そして、大谷翔平選手のメジャーリーグでどのような活躍をするのかも、合わせて考えていきたいと思います。

スポンサードリンク


 

ノア・シンダーガード(ニューヨーク・メッツ)

投はこんなに凄い!

  • 2015年22歳の若さでメジャーデビュー。ストレートは最速163キロをマークする剛球右腕。ストレートの平均球速は156キロとメジャートップレベルの数字をマークしています。
  • メジャー1年目からポストシーズンで活躍。2勝を挙げ、チームのワールドシリーズ進出に大きく貢献しました。ポストシーズン19イニングで26奪三振と、高い奪三振能力が魅力です。

打はこんなに凄い!

  • メジャーデビュー月の2015年5月のフィリーズ戦では、3打数3安打1本塁打4打点をマークしました。
  • 2016年5月11日のドジャース戦では、前田健太投手から2打席連続ホームラン。2007年以来の快挙を成し遂げました。

 

マディソン・バンガーナー(サンフランシスコ・ジャイアンツ)

投はこんなに凄い!

  • 13勝・16勝・13勝・18勝・18勝。2011年から5年連続の2桁勝利をマークしているジャイアンツのエース。
  • 2014年のワールドシリーズでは、第1戦は7回1失点・第5戦で4安打完封。最終戦では5回からリリーフ登板でセーブを挙げます。2勝1セーブの活躍でワールドシリーズMVPに輝きました。

打はこんなに凄い!

  • 2014年4本塁打・2015年5本塁打。通算13本塁打は現役トップ(2016年6月25日現在)。メジャー最高投手と呼び声の高いドジャースのクレイトン・カーショウからも本塁打を放っています。
  • 各ポジションの打撃の良い選手が選出されるシルバースラッガー賞を、投手部門で2年連続で受賞。代打としても起用させるほどの打力を持っています。

スポンサードリンク


 

もしも大谷翔平がナ・リーグのピッチャーとしてメジャー挑戦したら?

DHのないナ・リーグのピッチャーであるバンガーナー投手は、

2014年 78打席 2015年 81打席

と、合わせて159回バッターボックスに立ちました。ちなみに、その中で2年間で9本のホームランを放っています。メジャーでは中4日の起用もあり、登板間隔が短いので、打席数も多くなります。また、その中で結果を残せば、バンガーナー選手のような代打起用や、さらにはシルバースラッガー賞の受賞も現実味を帯びてきます。さらにその場合の大きな夢は、ベーブ・ルース選手以来の2桁勝利・2桁本塁打も…大谷選手がもしナ・リーグにピッチャーとして挑戦すれば、これだけ多くの夢や期待が持てます。

しかし、

大谷の成長曲線は我々の想像を遥かに超えている

とファイターズ首脳陣に言わしめる大谷選手であれば、「ナ・リーグのピッチャー挑戦」以外の選択肢ももちろんあり得ます。そんな大谷選手が日本球界でプレーしてる姿をリアルタイムで見れていることを「奇跡」と感じ、今後の進化に期待しましょう!

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楡井直道

楡井直道

投稿者プロフィール

現都内大学三年生

プロ野球、プロボクシングの大ファン

最近はメジャーリーグも勉強中

スポーツライター目指してます。

野球に興味ある無しに関わらず、読みやすい!面白い!と思ってもらえるような文章書けるように頑張ります!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. [fl_top] 開花の糸口を掴むのにかかる時間 各チームプロ入り間もないとは思えない活躍を見せ…
  2. ホームラン自慢、集まれ! 軟式ボールを飛ばすコツの表現は十人十色。 「重めのバットで、詰まり気味…
  3. 野球特化のオピニオンサイトを一緒に作り上げるライターさん募集! G-TIMESは、野球に関する情報…
  4. 一冬超えてさらに牙を磨いた好投手たち センバツ出場を決めているチームの中で、早実の清宮幸太郎選手、…
  5. 身体作りに関する徹底された考え方 「甲子園常連校」とは称されずとも、毎年プロのスカウトも注目する好…
ページ上部へ戻る