独立リーグだからこそ得られること?!当時無名だった角中・亀澤の飛躍のきっかけとは?

  • 2016/11/25
  • 独立リーグだからこそ得られること?!当時無名だった角中・亀澤の飛躍のきっかけとは? はコメントを受け付けていません。

今後もプロ野球で活躍する選手は出てくるのか?

2度目の首位打者を獲得した千葉ロッテの角中選手などを輩出している独立リーグ。今後、そこから再び角中選手のようなNPBでもトップクラスになるような選手は出てくるのでしょうか。分析したいと思います!

高校・大学卒業時にはプロへの道は開かれていなかった

独立リーグは、高校、大学とプロを目指したもののあと一歩のところで行けなかった選手たちが、試合を行いながら実力をつけ、アピールする場となっています。近年では着々と独立リーグ出身のプロ野球選手の数は増えており、球界を代表する角中選手のような好打者も輩出しています。

スポンサードリンク


 

角中勝也

日本航空第二高校 – 高知ファイティングドッグス – 千葉ロッテマリーンズ

高校時代は全く無名な存在。なんとかプロになりたいと思い、高知ファイティングドッグスのテストを受け合格。受かったのも最後の1人でチームが「左打者が欲しかったから」という理由からでした。

独立リーグでは、技術だけでなく考え方の幅が広くなったそうです。例えばただ素振りするだけでなく、身体の使い方を考えながら振るなど。本人は「あそこでは人としても成長さしてもらえた。大学に行ってたらプロには行けなかったと思う」と話しています。人としての成長が試合中の対応力にもつながりました。当時の監督にも「実践向きの選手」と称されるなど、着々と力をつけ、プロ入りへの切符をつけました。

 

亀澤恭平

作陽高校 – 環太平洋大学 – 香川オリーブガイナーズ – 福岡ソフトバンクホークス – 中日ドラゴンズ

大学時代はそれなりの数字を残していても、所属していた環太平洋大学のリーグ(中国連盟)はプロのスカウトから注目が集まりにくいリーグのためここではプロ入りできず、卒業後香川オリーブガイナーズに入団。そこで学べたのは技術はもちろん、初めてスポンサーやファンとという方々に出会い、やらなければ、という自覚を与えてくれた場所。と話しています。

スポンサードリンク


 

今では元プロなども多数

そんな独立リーグは以前よりもだいぶ名前の知られるリーグとなり、元プロなども行くようになり最近では、メジャーから帰国した当初に藤川球児選手が1年間だけ所属したことでも有名になりました。

現DeNA監督のラミレスもNPB退団後、群馬ダイヤモンドペガサスに所属しており、現在群馬では、同じく元DeNAの伊藤拓郎投手がプロ野球界復帰を目指し汗を流しています。

 

飛躍のきっかけをつかむ場所

独立リーグは高校や大学と違い、一年のシーズンがあるため、野球と向き合い、試合で経験を積み、プロへアピールする多くのチャンスを得ることができます。高校、大学時代にはチームが上に行けず、なかなかスカウトの目にも留まれなかった選手も、独立リーグできっかけを掴んでいきます。

そんないわば、「最高の人材発掘所」から次にプロ野球で活躍するのは誰になるのか。これからも独立リーグに注目です!

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楡井直道

楡井直道

投稿者プロフィール

現都内大学三年生

プロ野球、プロボクシングの大ファン

最近はメジャーリーグも勉強中

スポーツライター目指してます。

野球に興味ある無しに関わらず、読みやすい!面白い!と思ってもらえるような文章書けるように頑張ります!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 身体作りに関する徹底された考え方 「甲子園常連校」とは称されずとも、毎年プロのスカウトも注目する好…
  2. 大器の片鱗を見せていた1年夏のロングリリーフ 2016年、高校No. 1左腕の看板を引っさげ、灼熱…
  3. [fl_top] 史上初の都立高出身ドラ1 ロッテ佐々木千隼 2016年のドラフトは好投手が豊作…
  4. [fl_top] 家族だからこそ一層強く受け継がれる思い 新井貴浩・新井良太、佐藤由規・貴規、堂…
  5. もう引退→即コーチ・引退→解説→コーチ だけじゃない 北海道日本ハムファイターズ投手コーチを務め、…
ページ上部へ戻る