今年も動きに目が離せない!毎年ドラフトを沸かせるファイターズのドラフト方針を分析してみた

  • 2016/9/1
  • 今年も動きに目が離せない!毎年ドラフトを沸かせるファイターズのドラフト方針を分析してみた はコメントを受け付けていません。

下位指名の選手も今の主要メンバーに

FA市場などではほぼ動きがありませんが、ドラフトでは積極的な姿勢を見せる北海道日本ハムファイターズ。そのドラフト戦略を近年の歴史を振り返りながら、分析していきます。

スポンサードリンク


日本ハムファイターズというと今の主力メンバーのほとんどが若手選手というチーム構成。
そして、その中でも必ずしも彼らがドラフト1位の鳴り物入りで入団したわけではなく、下位指名から成長して行ったというのもファイターズの特徴です。
 

主なドラフト2位以下の選手

  • 岡大海 2013年ドラフト3位
  • 西川遥輝 2010年ドラフト2位
  • 中島卓也 2008年ドラフト5位
  • 杉谷拳士 2008年ドラフト6位
  • 近藤健介 2011年 ドラフト4位
  • 高梨裕稔 2013年ドラフト3位
  • 田中賢介 1999年ドラフト2位
  • 宮西尚生 2007年 ドラフト3位
  • 谷元圭介 2008年ドラフト7位

以上の選手のほとんどが今のファイターズを支える選手達であり、ホークスに肉薄しているチームの主力となっています!

スポンサードリンク

次ページ:>>1位指名戦略にみる積極的な姿勢

ページ:

1

2
記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. みなさんは普段、どのように野球の情報を仕入れていますか? 野球に関する様々な意見を発信しているG-T…
  2. 2019/3/7

    「122対0」
    過去最高得点差!? 現在高校野球では地方予選において神奈川を除いて決勝以外はコールドゲーム規定という…
  3. プレッシャーに向き合った等身大のヒーロー 高校3年生の原選手はドラフト直前にプロ入りを拒否し大学進学…
  4. 最強の少年スラッガー決定戦!! 第一回 ホームラン22本。第二回 ホームラン30本。第三回 ホーム…
  5. ストレートMAX球速も141キロ。なぜ田中投手が勝てるのか注目してみた。 2018年シーズン、東京…
ページ上部へ戻る