今年も動きに目が離せない!毎年ドラフトを沸かせるファイターズのドラフト方針を分析してみた

  • 2016/9/1
  • 今年も動きに目が離せない!毎年ドラフトを沸かせるファイターズのドラフト方針を分析してみた はコメントを受け付けていません。

下位指名の選手も今の主要メンバーに

FA市場などではほぼ動きがありませんが、ドラフトでは積極的な姿勢を見せる北海道日本ハムファイターズ。そのドラフト戦略を近年の歴史を振り返りながら、分析していきます。

スポンサードリンク


日本ハムファイターズというと今の主力メンバーのほとんどが若手選手というチーム構成。
そして、その中でも必ずしも彼らがドラフト1位の鳴り物入りで入団したわけではなく、下位指名から成長して行ったというのもファイターズの特徴です。
 

主なドラフト2位以下の選手

  • 岡大海 2013年ドラフト3位
  • 西川遥輝 2010年ドラフト2位
  • 中島卓也 2008年ドラフト5位
  • 杉谷拳士 2008年ドラフト6位
  • 近藤健介 2011年 ドラフト4位
  • 高梨裕稔 2013年ドラフト3位
  • 田中賢介 1999年ドラフト2位
  • 宮西尚生 2007年 ドラフト3位
  • 谷元圭介 2008年ドラフト7位

以上の選手のほとんどが今のファイターズを支える選手達であり、ホークスに肉薄しているチームの主力となっています!

スポンサードリンク

次ページ:>>1位指名戦略にみる積極的な姿勢

ページ:

1

2
記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
  2. 【PR:MIZUNO】 予想&実戦検証!新ボールで試合をしてわかったこと 新軟式ボールM号が発売…
  3. 小学生〜高校生の野球人口が激減している 筆者が小学生だった頃、男子生徒のクラブ活動といえば野球かサ…
  4. 草野球プレーヤーへのヒントにも 全国3,000校以上が凌ぎを削る、高校野球の頂点を決める夏の甲子園…
  5. キューバ代表・『サントスの衝撃』マネしてみよう! 打つ直前に走り出す、通称「走り打ち」。2017年…
ページ上部へ戻る