センバツ出場校が決定!話題の21世紀枠・松山東高校ってどんな学校??

  • 2015/1/27
  • センバツ出場校が決定!話題の21世紀枠・松山東高校ってどんな学校?? はコメントを受け付けていません。

21世紀枠決定!

1月23日、第87回選抜高校野球大会(3月21日開幕、兵庫・阪神甲子園球場)の出場校が決まりました。今回はその中で21世紀枠で注目を集める、松山東高校について紹介します。

スポンサードリンク

 

偉人を輩出する伝統校

松山東高校は1878年創立の伝統校で、高浜虚子正岡子規など明治時代の偉人を排出した伝統校です。野球部は123年の歴史を持ちます。愛媛県尋常小学校時代には、夏目漱石が第五高等学校へ赴任するまで1年間教鞭をとっており、この体験を元にして小説『坊っちゃん』が描かれました。野球部は昨夏の県大会で63年ぶりに決勝進出を果たし、昨秋の県大会も準優勝しました。

『スーパーグローバルハイスクール』に指定される進学校

松山東高校は現在も文科省にスーパーグローバルハイスクールに指定される進学校で、現在も夏は19時10分、冬は18時40分に、生徒の完全下校時間が定められているそうです。野球部の練習も制限があり、サッカー部やラグビー部などとグラウンドを共用し、ほぼ内野のスペースしか練習には使えないことも多い中で練習をしてきたそうです。

スポンサードリンク

野球の歴史を長年継承している点が評価

今夏の21世紀の枠では、松山東高校の他に、豊橋工高(愛知県)、和歌山桐蔭(和歌山県)が選ばれました。その中で松山東高校は、「野球の歴史を長年継承している点」が評価され、今回の出場にいたりました。なんと、野球部の開設には「野球」という言葉を生んだ正岡子規が携わったとも言われており、今回の出場は松山中時代の1933年以来82年ぶり2度目の出場となります。

 

松山東旋風は起きるのか!?

センバツは3月13日に抽選会が行われ、21日に開幕します。今からもう楽しみですね!

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Y.Ando

Y.Andoライター

投稿者プロフィール

野球(?)歴13年(ソフトボール4年,軟式野球3年,硬式野球3年,準硬式野球3年)
アマチュアからプロ野球、MLBの情報を中心に皆さまにお届けしていきます!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
  2. 【PR:MIZUNO】 予想&実戦検証!新ボールで試合をしてわかったこと 新軟式ボールM号が発売…
  3. 小学生〜高校生の野球人口が激減している 筆者が小学生だった頃、男子生徒のクラブ活動といえば野球かサ…
  4. 草野球プレーヤーへのヒントにも 全国3,000校以上が凌ぎを削る、高校野球の頂点を決める夏の甲子園…
  5. キューバ代表・『サントスの衝撃』マネしてみよう! 打つ直前に走り出す、通称「走り打ち」。2017年…
ページ上部へ戻る