イチロー移籍先!?最強外野陣&大型補強で下剋上を狙う新天地マイアミ・マーリンズを徹底分析!

  • 2015/1/23
  • イチロー移籍先!?最強外野陣&大型補強で下剋上を狙う新天地マイアミ・マーリンズを徹底分析! はコメントを受け付けていません。

イチローの移籍先がついに!

ニューヨーク・ヤンキースからFAとなったイチロー選手の移籍先がマーリンズに決定的になりつつあります!そんなナショナル・リーグ東地区のマイアミ・マーリンズですが、日本人が未だかつて入団したことのない球団、一体どんなチームなのでしょうか?基本情報、監督、チームメイト、そして優勝が狙えるのかまで徹底分析してみました。

 

移転3年目、逆襲を誓うマーリンズ

イチロー選手の移籍先と噂されているマーリンズは、フロリダ・マーリンズの時代は1997年、2003年に世界一に輝いています。しかし、2012年に本拠地をマイアミのマーリンズ・パークに移してからは2年連続の最下位に沈んでいます。過去にはヤンキースでも活躍したかつてゲーリー・シェフィールドや、「メジャー最強打者」ミゲル・カブレラらが所属していました。イチロー選手が初の日本人選手の在籍となります。

スポンサードリンク

 

指揮官は43歳若手監督!マイケル・レドモンド

現役時代はキャッチャー。2003年にはイバン・ロドリゲス選手の控えでしたが、世界一を経験。 2010年に現役を引退し、マイナーの監督を経て、2003年より古巣・マーリンズの監督を務めています。マイナー監督時代の2012年にはチームを地区優勝へ導いています。キャッチャーらしい視野の広さと洞察力を持っています。年齢は現在43歳と、イチローのわずか2歳違いです。若手選手が多いチームの中で、イチロー選手をどのように起用していくのか、気になるところです。

 

チームメイトはどんな選手?

スポーツ専門局ESPNは、マーリンズの外野陣を30球団の中でNo.1であると評価しています。

  • レフト クリスチャン・イエリチ 23歳 打率.284 9本塁打 54打点 ゴールドグラブ賞
  • センター マーセル・オズナ 24歳 打率.269 23本塁打 85打点
  • ライト ジャンカルロ・スタントン 25歳 打率.288 37本塁打 105打点

3人ともに25歳以下と伸び盛りであり、特にスタントン選手は2014年オフにメジャー史上最高額の総額3億2500万ドル+出来高の13年契約を結び、2015年シーズンの活躍が大いに注目されています。この外野陣の中で、イチロー選手は「第4の外野手」としてだけではなく、スターティングメンバーに食い込んでいけるか。そして若い選手たちに良い影響を与えていけるのか。イチロー選手の存在はチームにとって重要なものとなるでしょう。

スポンサードリンク

また、外野手以外にも注目選手はまだまだいます。

ディー・ゴードン

ドジャースから移籍。2014年に64盗塁でナ・リーグ盗塁王に輝いた26歳の若きスピードスター。

ダン・ハレン

ドジャースから移籍。2014年は13勝、これまで10度の二桁勝利をマークしている通算142勝のベテラン右腕。

マイケル・モース

2014年世界一のジャイアンツから移籍。2014年平均本塁打飛距離は127メートルの、メジャー屈指の飛ばし屋

ホセ・フェルナンデス

2013年メジャーデビュー、即12勝 防御率2.19をマークした若きエース。トミージョン手術からの復帰が待たれます。

 

積極補強と若手の台頭により、2015年はダークホースとなる予感をひしひしと感じます。

 

地区優勝は狙えるのか?個性溢れるナ・リーグ東地区

マーリンズが所属するナ・リーグ東地区は、5チームで編成されています。

  • アトランタ・ブレーブス
  • ニューヨーク・メッツ
  • フィラデルフィア・フィリーズ
  • ワシントン・ナショナルズ

過去5年間の地区優勝チームは、

  • 2010年 フィラデルフィア・フィリーズ
  • 2011年 フィラデルフィア・フィリーズ
  • 2012年 ワシントン・ナショナルズ
  • 2013年 アトランタ・ブレーブス
  • 2014年 ワシントン・ナショナルズ

 

個性溢れる東地区

2014年のリーグ最高勝率のナショナルズ。2007年から地区5連覇を成し遂げたフィリーズ。名門ブレーブス、ニューヨークの人気球団メッツ。2015年はメジャーきっての激戦区になる可能性もあります。

イチロー選手の活躍と、マーリンズの快進撃に期待がかかる2015年シーズン、待ち遠しいですね!

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

2006年夏の甲子園決勝再試合。
斎藤佑樹投手に憧れ、早稲田実業硬式野球部に入部。
2年秋からマネージャー兼助監督

大学1年時から株式会社ギガスリートにインターンとしてジョイン。
草野球リーグG-LEAGUEの飛び込みグラウンド営業や、
野球特化メディアの運用・記事執筆を担当。

大学卒業後、ギガスリートに新卒入社。

現在は、ビヨンドマックス ホームラン競争 企画・動画制作も行なっています。

Twitterでは、野球に関する様々な情報・意見もつぶやいています!
https://twitter.com/my_fyutya
フォローよろしくお願いします!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 最強の少年スラッガー決定戦!! 第一回 ホームラン22本。第二回 ホームラン30本。第三回 ホーム…
  2. ストレートMAX球速も141キロ。なぜ田中投手が勝てるのか注目してみた。 2018年シーズン、東京…
  3. 今後の巨人を支えるであろう4人の若手野手 2018年。ここまで巨人の若手選手たちが台頭しつつありま…
  4. 大会参加費無料!全国47都道府県でエントリー開始 軟式野球リーグG-LEAGUEが「フリープラン2…
  5. 【問題】バッティングをしているのは誰?? ヒント1 子供の頃に憧れていた選手は巨人時…
ページ上部へ戻る