対左打者の専門のワンポイントサウスポーは本当に有効?今後は減少する可能性も

左打者に左投手をぶつけるのは必ずしも有効ではない!?

しかし、バッター側の成績を見てみると、近年左打者の中でも、『左対左が得意』というケースも増えています。

筒香 嘉智(DeNA)

  • 対右投手 打率0.286(256打数86安打)
  • 対左投手 打率0.370(213打数65安打)

秋山 翔吾(西武)

  • 対右投手 打率0.284(429打数122安打)
  • 対左投手 打率0.329(149打数49安打)

大谷 翔平(日本ハム)

  • 対右投手 打率0.300(227打数68安打)
  • 対左投手 打率0.375( 96打数36安打)

※2016年成績

以上の3選手はいずれも右投手より左投手の対戦成績が良くなっています。特に筒香選手は対右投手打率よりも1割近くも高くなっており、まったく左投手を苦にしていません。

スポンサードリンク

今後は新しい起用法が生まれる?

「左打者には左投手をぶつける」という戦術だけでなく、今後は選手による右左の得意や選手同士の対戦成績によって柔軟な起用法が生まれていくかもしれません。

例えば、2007年に広島東洋カープに在籍した右のナックルボーラー、ジャレッド・フェルナンデス投手は当時阪神の4番、金本知憲選手に対して13打数ノーヒットと完全に抑え込んでいました。30試合で3勝8敗、防御率6.04と活躍できず1年で退団となってしまいましたが、強打者に対するワンポイントというポジションを与えられていたら、活躍の芽があったかも・・?

スポンサードリンク

また、2017年WBCの準決勝では日本代表とアメリカ代表の試合ではチャンスの場面で打席に立った筒香選手に対して、アメリカは右の変速派であるニシェック投手を送り込んできました。結果はライトフライ。タイミングの取りにくいフォームに、少しミートポイントがずれたようでした。まさに左右に囚われず、打者の様子を見た柔軟な起用がもたらした結果と言えるでしょう。

近い将来、日本でも『右投手なのに左キラー』であったり『各球団の看板打者専門投手』といった起用法が生まれてくるかもしれませんね!

スポンサードリンク

ページ:
1

2

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

斎藤孝博ライター

投稿者プロフィール

プロ野球記事を中心に執筆しています。
バックパッカーとして世界を放浪していた経験があり、キューバやドミニカ共和国の子供に野球を教えていました。


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 驚愕の柵越え66発!ギガキングで場外アーチ連発! 今回で3回目の開催となったMIZUNO×G-LE…
  2. お待たせしました大阪のスラッガーの皆さん! 先日66本のアーチが飛び出した第3回 MIZUNO×G…
  3. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
  4. 【PR:MIZUNO】 予想&実戦検証!新ボールで試合をしてわかったこと 新軟式ボールM号が発売…
  5. 小学生〜高校生の野球人口が激減している 筆者が小学生だった頃、男子生徒のクラブ活動といえば野球かサ…
ページ上部へ戻る