メジャーリーガーもWBC参戦?!〜今後キューバ選手が日本に与える大きな2つの影響!

  • 2017/8/4
  • メジャーリーガーもWBC参戦?!〜今後キューバ選手が日本に与える大きな2つの影響! はコメントを受け付けていません。

日米球界に大きな影響を与えるキューバ野球界の動きに注目

カリブ海に位置するキューバ。社会主義国であるため、メジャーリーグに挑戦するためには亡命するしかありませんでした。

しかし近年は、規制緩和によって、国交断絶している米国以外の国のプロリーグへの派遣が認められたことをきっかけに状況は改善され、グリエルやデスパイネといった、トップレベルの選手たちが来日を果たしました。

その後、オバマ政権下で”キューバの雪解け”が起こり、2016年3月22日にキューバのハバナで、タンパベイ・レイズとキューバ代表の親善試合が行われました(MLB球団がキューバ国内で試合をしたのは17年ぶり)。

このように、米国との渡航・貿易規制の緩和が進む中、今後も日本にとって貴重な選手供給源であり続けるのでしょうか。

スポンサードリンク

影響① キューバの一流選手はメジャーへ!日本には有力選手が来なくなる?!

キューバの主力選手が続々来日

近年、キューバ政府による規制緩和によって、米国以外の国のリーグへの選手派遣が認められました。その第一弾として日本の球団へ派遣されてきたのはWBCでも大暴れした、3名の選手たちでした。

  • フレデリク・セペダ(元巨人)
  • ユリエスキ・グリエル(元DeNA、後に亡命してメジャーへ)
  • アルフレド・デスパイネ(ロッテ→ソフトバンク)

以前は亡命選手がほとんどだったキューバ選手

キューバでは1962年以降、プロ野球が廃止されアマチュア野球のみとなりました。そのため。野球選手の身分は公務員でありいわばステート・アマとなります。それ以降はプロになるためにはプロ野球のある他国へ亡命をするしかありませんでした。米フロリダまで海を挟んで距離も近いということもあり、イカダで海へ漕ぎ出してアメリカを目指す者や、国際試合の遠征先で亡命ブローカーと落ち合って行方をくらます者など、大変なリスクを犯してまで米国でプレーすることを選んだ選手も多くいました。

上記の3選手以前に日本で活躍していたキューバ選手は亡命後にメジャーリーグでのプレーを経て来日するケースがほとんどでした。

亡命でメジャーに行きその後来日した主な選手

  • アンダーソン・エルナンデス
  • ダヤン・ビシエド
  • レスリー・アンダーソン

現在、マイアミと首都ハバナの間に直行便が就航するなど国交正常化の方向に進んでいるとみられます。正常化すれば、リスクが高い亡命という手段をとらなくても、政府からの派遣選手として堂々とプレーできるようになるでしょう。そうなれば代表クラスの選手はメジャーリーグへ派遣され、日本には来なくなってしまうようなことが起こります。

スポンサードリンク

亡命者は減少するも、ゼロにはならない?

上記の通り、亡命者は減少すると思われますが、もしアメリカとの国交が正常化したとしても、一定数の亡命者は出ると思われます。その理由はキューバ選手達の待遇、そして試合の過密日程にあります。

日本でプレーするキューバ選手は、年俸の70~80%を政府によって天引きされるという厳しい条件となっています。例えば2016年度のデスパイネ選手だと、年俸2億5千万円(推定)の内、手元に残るのは5千万円程度だそうです。

そして、スケジュール的にも非常に過酷です。キューバの国内リーグは、日本のプロ野球と時期がずれているため、キューバ選手は日本のレギュラーシーズンが終了した後もキューバリーグでプレーを続けることになっており、オフが殆どないという非常に過酷な環境となっています。

以上より、今後もキューバが社会主義政策を野球選手に適用し続ける限りは、一定数の亡命者が出るのは避けられないと言えるでしょう。

 

影響② チャップマンにセスペデス!次回のWBCはキューバ人メジャーリーガーが続々参戦?

代表クラスの選手の亡命が相次いだキューバは、直近2回のWBCでは準決勝に駒を進めることができないなど、苦戦が続いています。しかしもしアメリカとの国交が正常化しキューバ政府が亡命者の代表復帰を許可すれば、予選リーグで同組の日本にとって最大のライバルとなるばかりか、一躍優勝候補となることでしょう。以下は、将来代表に招集された場合、日本にとって脅威となりそうな選手ばかりです。

アルディロス・チャップマン(ヤンキース)

最速170km/h近い豪速球を操るヤンキースの守護神。2016年はカブスでワールドシリーズ制覇にも貢献

MLB成績(7年)

  • 登板:383試合
  • 投手成績:23勝 21敗182S
  • 防御率:2.08

ヨアニス・セスペデス(メッツ)

圧倒的なパワーで本塁打を量産する強打の外野手。スピードも兼ね備え、守備にも定評があります。

MLB成績(4年)

  • 出場:707試合
  • 打撃成績:2728打数 745安打 137本 448打点
  • 防御率:0.273

ホセ・イグレシアス(タイガース)

広大な守備範囲と強肩が武器の遊撃手。27歳と若く、今後の成長にも期待

MLB成績(5年)

  • 出場:401試合
  • 打撃成績:1307打数 360安打 10本 86打点
  • 打率:0.275

政府の方針によって動きに影響が出るキューバの選手たち。社会主義国であり、国民は最低限度の生活を保証されている反面、多額の報酬を得ることのできる可能性を持った才能ある野球選手達にとっては、他国プロ野球でのプレーを試みる羨望は続きそうです。

今後のキューバの情勢、そして日本に与える影響から目が離せません。

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

斎藤孝博ライター

投稿者プロフィール

プロ野球記事を中心に執筆しています。
バックパッカーとして世界を放浪していた経験があり、キューバやドミニカ共和国の子供に野球を教えていました。


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【PR:MIZUNO】 ホームランアーティスト最大の敵「風」をものともせずGIGAKINGで25発…
  2. 【PR:MIZUNO】 柵越え66発!「スピンをかける」軟式野球のホームランの打ち方が変わる! …
  3. 驚愕の柵越え66発!ギガキングで場外アーチ連発! 今回で3回目の開催となったMIZUNO×G-LE…
  4. お待たせしました大阪のスラッガーの皆さん! 先日66本のアーチが飛び出した第3回 MIZUNO×G…
  5. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
ページ上部へ戻る