正確無比の超絶バットコントロール!メジャーにスカウトされたノッカー

  • 2014/9/11
  • 正確無比の超絶バットコントロール!メジャーにスカウトされたノッカー はコメントを受け付けていません

選手はメジャーに挑戦しやすくなったが…

野茂選手が海を渡った時代ではメジャーリーグは夢のまた夢のような世界でしたが現在は14人もメジャーリーグで活躍し、日本のプロ野球で活躍した選手がメジャーリーグに挑戦するという選択も増えてきました。今年だと広島東洋カープの前田健太選手がオフにメジャーに挑戦しようとしていて、どの球団になるのか、といった事で盛り上がりをみせ始めています。


選手にとってはメジャーリーグがより身近になった近年、なんとついにノッカーとしてアマチュア球界からメジャーリーグにスカウトされた人がいるというのです!その人は福岡県のリトルリーグで監督を務められている春山総星さんです。地元ではノックがすごい事で有名な方なのだそうですが何がそんなにすごいのでしょうか?

比類なき超絶バットコントロール!

それは他でも無く春山さんの持つ正確無比なバットコントロールにあると言えます。では実際にどれぐらいすごいのかと言う事を過去に成功した3つの例で示したいと思います。

 

①飛ぶボールを狙って打つ

ピッチングマシンから飛んでくる球をノックで打ち落とすというもの。

②ボールの綱渡り

ノックで打った球が直径10ミリの綱の上をワンバウンドした後渡って行くというもの

③車窓を通してスイカ割り

一台の車の窓を通して先にあるスイカを割ってしまうというもの

 

以上の3つを難なく成功させるバットコントロールがどれだけ正確で難しいかは想像できますね。


 

しかしオファーを断る!?

しかし、このバットコントロールは野球を初めたての小学校1年生が球を取るのが難しいという事を解決するためにグローブをめがけて打ち続けた努力の賜物でそのためのバットコントロールのためメジャーリーグからの誘いは断ったそうです。

子供達に野球を楽しんでもらうために努力し続けた春山さんの成果が近年九州が甲子園で健闘しているのに繋がっているのかもしれませんね。


記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「コンディショニング科学」の観点から研究した結果、体重とスイング速度の関係よりも、除脂肪体重とスイ…
  2. ※書籍「超える技術」からの一部転載です 私が野球を始めたのは8歳からで、小学3年生の時である…
  3. 十六歳で野球で渡米しメジャーリーグを目指してアメリカ各地を転々としていたというサバイバル生…
  4. 本記事はSpotunityコラムからの転載です エリートのスポーツだった日本の野球 日…
  5. 本記事はSpotunityコラムからの転載です  地球儀を回してみると、赤道面より北に地理緯…
ページ上部へ戻る