軟式野球界に革命を起こす?!新世代バット『レボルタイガー』






 グリップが!?

ホームランを打ちたい、正しいスイングを身につけたい、そんな野球人は多いはず。そんな方々に今回の記事では画期的なバットを紹介したいと思います!

そのバットとは…美津和タイガーというメーカーの「レボルタイガー」という物です!

スポンサードリンク

レボルタイガーの4つの長所

このバットの何がすごいかと言うとその理由は「Jグリップ」という独自のグリップにあります。そのグリップには以下の4つの長所があります。

1. バットコントロール

バットを握る面積の向上によりバットをコントロールできます。

2.スイングスピード

握りやすい形によりスムーズな始動、リストワークによりスイングスピードが向上します。

3.パワー

しっかりと握れるためインパクトの瞬間の緩みがなく最大限のパワーが発揮されます。

4. 安全性

グリップエンドに突起がないため握り手へのダメージを最小限にとどめます。

 
これらの理由により「レボルタイガー」は新世代のバットとして期待されているのです。

スポンサードリンク

 

復活を期す「美津和タイガー」

実はこのレボルタイガーを作っている美津和タイガーは1970年代〜80年代に一度大きな成功を収めています。1970年代には阪神タイガースの掛布雅之選手や江夏豊選手、その他にも落合博満選手などともアドバイザリー契約を結び、会社のCMにも出演していました。その後1980年代には、オリジナルグッズ製作が当たり一時期は阪神タイガースの公式グッズを手がけて栄華を極めましたが1980年代中盤に事業拡大に失敗し、破産をしてしまいそれからはしばらく低迷を続けていました。

スポンサードリンク

そんな美津和タイガーが力を入れて復活を期す商品がこの「レボルタイガー」であり、すでに知る人ぞ知る商品として徐々に拡大して行っています。是非打撃改善をしたい人や打撃フォームを正しく矯正したい方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。





記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 最強の少年スラッガー決定戦!! 第一回 ホームラン22本。第二回 ホームラン30本。第三回 ホーム…
  2. ストレートMAX球速も141キロ。なぜ田中投手が勝てるのか注目してみた。 2018年シーズン、東京…
  3. 今後の巨人を支えるであろう4人の若手野手 2018年。ここまで巨人の若手選手たちが台頭しつつありま…
  4. 大会参加費無料!全国47都道府県でエントリー開始 軟式野球リーグG-LEAGUEが「フリープラン2…
  5. 【問題】バッティングをしているのは誰?? ヒント1 子供の頃に憧れていた選手は巨人時…
ページ上部へ戻る