4種類のバットを使い分け?!ラミちゃんのバットへのこだわり






バットへのこだわり

プロ野球選手ともなれば道具に対するこだわりも強いものです。かつて東京ヤクルトスワローズ、読売巨人軍に所属したアレックス・ラミレス選手も試合で使うバットに並々ならぬこだわりを持っていました。

スポンサードリンク

 

グリップと重さで相手によって変える

ラミレス選手はグリップと重さによって4つのバットを使用していて、

  1. 太い920g→変化球主体の左投手
  2. 細い920g→直球主体の左投手
  3. 太い910g→変化球主体の右投手
  4. 細い910g→直球主体の右投手

といった具合に使い分けていたようです。これによってグリップの細いバットはヘッドがきくため飛距離が伸び、太いバットはコントロールがしやすいため芯で捉えやすくなるので球種によって使い分けることで常に対応をしていく事が出来るのです。

 

「ボックスに立つ前に勝負は半分決まる」

ラミレス選手は

「野球はバッターボックスに立つ前の準備で勝負の半分以上は決まる」

と語っていてそのような思考からこの4種類のバットを使い分けるという結論に至ったわけです。

スポンサードリンク

 

この方法によってラミレス選手はシーズン49本塁打を記録しホームラン王に輝いているためいかに道具が重要かがわかりますね。





記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 驚愕の柵越え66発!ギガキングで場外アーチ連発! 今回で3回目の開催となったMIZUNO×G-LE…
  2. お待たせしました大阪のスラッガーの皆さん! 先日66本のアーチが飛び出した第3回 MIZUNO×G…
  3. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
  4. 【PR:MIZUNO】 予想&実戦検証!新ボールで試合をしてわかったこと 新軟式ボールM号が発売…
  5. 小学生〜高校生の野球人口が激減している 筆者が小学生だった頃、男子生徒のクラブ活動といえば野球かサ…
ページ上部へ戻る