東京六大学野球の来年は大混戦!?今秋大躍進の立教大学の歴史を振り返る

リーグ戦を盛り上げた立教

10月28日に、立教大学は明治大学に敗れ、15年ぶりの優勝はなりませんでした。しかし、2014年秋季リーグ戦を盛り上げたのは紛れもなく立教大学であったと言えるでしょう。9月20日の法政大学戦から10月18日の早稲田大学戦まで7連勝。惜しくも優勝を逃したものの、その戦いぶりに、今後の東京六大学野球のさらなる盛り上がりを予感した人は少なくはないはずです。今回は、そんな立教大学に注目してみました!

 

最後の優勝は1999年秋季

「15年ぶりの優勝か」と話題になった今回のリーグ戦。最後の優勝となった1999年の秋季リーグ戦では、その後巨人入りした上野裕平投手、日米球界で活躍した多田野数人投手、松坂大輔投手擁する横浜高校と延長17回の死闘を演じた上重聡投手の3人の投手が活躍しました。1999年が9年ぶりのリーグ優勝。そして、この年以来、優勝から遠ざかっています。今年を含め、立教大学が躍進を遂げた年は大混戦になっています。

スポンサードリンク

 

これまでの実績は?

  • 通算成績:802勝999敗87分 勝率.445
  • 東京六大学リーグ優勝 12回 全日本大学野球選手権大会 出場4回、優勝3回(1953年、1957年、1958年)

そのうち、1957年春季から1958年秋季で4連覇し、全日本大学野球選手権大会でも1957、58年には2連覇を達成しました。1957年は、長嶋茂雄さんが4年生の時でした。

 

個性溢れる立教出身プロ野球選手

2014年のドラフトまで、立教大学は 人のプロ野球選手を輩出しています。「ミスター」こと長嶋茂雄氏、野球漫画「あぶさん」のモデルとなった景浦将氏、近年では超スローボールでファンを沸かせた多田野数人氏など個性的な選手を育てました。野球殿堂入りを果たした、日本プロ野球初期を支えた往年の名選手も6人います。

スポンサードリンク

主な立教大学出身のプロ野球選手

  • 景浦将 (阪神) ☆野球殿堂入り
  • 大沢啓二 (南海ー東京)
  • 長嶋茂雄 (巨人) ☆野球殿堂入り
  • 土井正三 (巨人)
  • 杉浦忠 (南海ーダイエー) ☆野球殿堂入り
  • 長嶋一茂 (ヤクルトー巨人)
  • 川村丈夫 (横浜)
  • 多田野数人 (日本ハム)

 

リベンジの期待がかかる新チーム!

2015年度の主将は、鈴木貴弘捕手。 日大三高校では3年時に全国制覇、そして今秋も正捕手として優勝争いに貢献した経験豊かな選手です。秋の悔しさをバネに、どんなチームに育っていくのでしょうか。来年の春季リーグ戦が待ちきれませんね!

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

《球歴》
・芝園イーグルス (少年野球)
・芝中 軟式野球部
・早稲田実業 硬式野球部
 2年秋からマネージャー
・草野球球団 芝中おーたず GM
       Saito Club GM
       上柚木トランシーバーズ GM

目標:55歳まで現役バリバリでプレーすることを目指す!(現在23歳)

「野球談義でさらに盛り上がれる!」
 「野球の新しい面白さに出会える!」 
   そんな記事をお届けしていきます!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 必殺仕事人!左のワンポイントリリーフはもう古い? 対左のスペシャリスト、ワ…
  2. 本気の選考で清宮・安田・金成の夢のクリーンナップが見れるか 第4回WBCでは無敗で準決勝に乗り込ん…
  3. [fl_top] 恵体の選手たちが1年目からチーム内競争を巻き起こす! 大学からは田中正義投手・…
  4. 一時は完全断絶状態だったプロとアマ。徐々に雪解けへと向かうが・・・ 元プロ野球選手はアマチュア選手…
  5. 高校野球から撤退 大阪府高野連は3月29日、PL学園高校(大阪)から脱退届が提出され、受理したと発…
ページ上部へ戻る