【ついにグラブもM号対応】挑戦&進化で攻め続ける!ミズノが『グローバルエリート』でまた常識を覆す!

  • 2018/5/8
  • 【ついにグラブもM号対応】挑戦&進化で攻め続ける!ミズノが『グローバルエリート』でまた常識を覆す! はコメントを受け付けていません。
【PR:MIZUNO】

メッシュと革のハイブリッド・投手兼外野手用。そして、最新はグラブに切れ込みを入れたM号対応グラブ!?

あなたはミズノ「グローバルエリート」と聞いて、どんなイメージを抱きますか?

これまでのグローバルエリートのグラブの実物を触ったり、使用したり、グラブ企画担当者のお話を伺う中で、

「王道=ミズノプロ」
「挑戦・変化=グローバルエリート」

という印象を抱きました。

今回は、近年開発されたグローバルエリートのグラブと、最新のM号球対応グラブを詳しく見てみるとともに、「グローバルエリート」が一体どんなブランドなのかを掘り下げていきます。

 

「グローバルエリート」の由来

グローバルエリートが誕生したのは、2009年。

第2回ワールド・ベースボール・クラシックにて、侍ジャパンが2連覇達成。

「日本人メジャーリーガーやWBCで の侍ジャパンの活躍を背景に、野球プレーヤーが世界を視野に夢を描いて欲しい」

この想いから、ミズノ社の新しいブランドは「グローバルエリート」と名付けられました。

近年、特に軟式野球用のグローバルエリートのグラブは、私たちが驚くような挑戦をし、これまでとは違った新しいグラブを生み出し続けています。

 

ISAI〜メッシュ素材と革素材のハイブリッドグラブ

2016年10月発売。メッシュ素材と特殊な軽量の革素材を使用した超軽量グラブISAI(イサイ) 。内野手用グラブは測りに乗せてみると、400gにも満たない軽さ。

メッシュ素材を活かした斬新なデザインにも驚かされました。

 

内野手兼外野手用?!オールラウンド対応のユーティリティプレイヤー用グラブ UMiX

UMiXは、いわば「ポジション掛け持ちプレーヤー」向けグラブ。近年の複数ポジションを担う選手(カッコ良く言うと二刀流、多刀流?)の増加に着目し、一つのグラブでこなせるようにならないかと考案され、2017年6月に誕生。

ピッチャー用兼外野手用。ピッチャー兼内野手用。内野手兼外野手用。ピッチャー兼内野手兼外野手用。

一度聞いただけでは、「え、どういうことなの?」となりそうですが、両ポジションに対応できるグラブの形状・ポケット構造によって、複数ポジションを守ることを可能にしています。

 

そして最新型。M号球対応すべくグラブに切れ込み!?

2018年から本格導入される新軟式ボールM号球。硬く、打球が速く、衝撃が大きい。そんな新しいボールに対応すべく、グローバルエリートの新グラブ(GE H-Selection 01GE H-Selection 02)では、新発想の構造が施されています。

・Droll構造

一番破れやすい位置だと言われる親指の付け根部分。

このボールの衝撃を受けやすい箇所に、補強紐をつけています。こちらは、GE H-Selection 01GE H-Selection 02の両方に施されています。

 

・小指部セパレート構造

H selection 01の構造。小指部分に切れ込みを入れた作りになっています!この構造によってグラブの開閉スピードが向上し、速い打球の勢いにも対応。

 

・POWER LAYER構造

H selection 02の構造。受球面裏、平面、当て革のすべての箇所に型押し加工をすることで、耐久性を強化。研究・実使用テストを繰り返したことで、最適な柔軟性と耐久性を併せ持つグラブに。

 

良いプレーを求めて進化を続けるグローバルエリート

さらなる軽さをニーズが増えれば、メッシュ素材と革素材のハイブリッドグラブ。複数ポジションを任される選手の増加が見られれば、複数ポジション対応グラブ。その進化は、これまでのやり方とは異なる、私たちの予想を超える新しい挑戦の賜物と言えるでしょう。

軟式野球界にとって、M号球の導入は大きな変化。

あらゆる箇所の革に型押し加工。小指部分に切れ込みを入れたセパレート構造。時代の変化を上回る挑戦に、私たちはまた「そんな発想があったのか」「そんなことが可能なのか」と驚かされました。

「世界を視野に」と銘打たれたグローバルエリート。よりプレーヤーとして高みへ登るには、今の自分を遥かに超える挑戦をし続けることが不可欠。グローバルエリートは、その挑戦心をグラブ開発を持って、選手たちに伝えています。

ぜひ、あなたも店頭で新しいグローバルエリートのグラブ(GE H-Selection 01GE H-Selection 02)に触れ、挑戦による進化を感じてみてはいかがでしょうか。

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

2006年夏の甲子園決勝再試合。
斎藤佑樹投手に憧れ、早稲田実業硬式野球部に入部。
2年秋からマネージャー兼助監督

大学1年時から株式会社ギガスリートにインターンとしてジョイン。
草野球リーグG-LEAGUEの飛び込みグラウンド営業や、
野球特化メディアの運用・記事執筆を担当。

大学卒業後、ギガスリートに新卒入社。

現在は、ビヨンドマックス ホームラン競争 企画・動画制作も行なっています。

Twitterでは、野球に関する様々な情報・意見もつぶやいています!
https://twitter.com/my_fyutya
フォローよろしくお願いします!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 野球はいろいろ難しい.. ルールも複雑、役割もいろいろあったり、試合時間も長い..。そんな野球って…
  2. 初めての動画制作にもチャレンジ! サンフランシスコ短大在学中、日本に帰国して過ごす夏季休暇を利用し…
  3. [PR:MIZUNO] 選ぶ時間帯は夕方から夜! 打撃・走塁どちらを重視するかも選ぶ基準に! …
  4. メディア運用&コンテンツ制作で活躍した粂井さん サンフランシスコ短大在学中、日本に帰国して過ごす夏…
  5. 2017年6月 松井秀喜さん野球教室取材 G-TIMESでは、野球に関するオピニオン(意見)記事だ…
ページ上部へ戻る