【裏見せ】野球の動画はどうやって作られる?【デッドボール編】映像編集風景をちょい見せ

野球YouTuberの増加もあり、近年増えてきた野球の編集動画。

2017年9月。新軟式ボールM号ボールを使用し、どこよりも早く行われた試合「新軟式ボールM号×最新ビヨンドマックスギガキング 最速マッチ」

記事はこちら

今回、制作過程をの裏見せをする対象の記事

 

この試合で発生したデッドボールや強襲ヒットの様子から、M号ボールでは打球のスピードや当たった時の衝撃が増すことがわかりました。「M号ボールは当たると痛い」「打球スピードが速い」ということを伝える動画の簡単な絵コンテと、編集の様子がこちら。

 

実際にバッターに打球が当たったシーンや速いゴロが内野手を襲ったシーンだけではなく、選手のコメントシーンやテロップ(文字)の色の工夫で、伝えたい事実「痛い!」「速い!」「要注意!」を強調しています。

 

完成した動画がこちら

制作風景を見て分かる通り、文字一つ取っても、色や大きさ、位置を何度も調整しています。一度にパッと決められたら良いのですが、なかなかそうはいきません。試行錯誤の連続。

ですが、試行錯誤の中で、「これだ!」という編集方法が見つかる。それが動画制作の醍醐味だったりします。

 

株式会社ギガスリート クリエイティブインターンについてはこちら!>>

 

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

2006年夏の甲子園決勝再試合。
斎藤佑樹投手に憧れ、早稲田実業硬式野球部に入部。
2年秋からマネージャー兼助監督

大学1年時から株式会社ギガスリートにインターンとしてジョイン。
草野球リーグG-LEAGUEの飛び込みグラウンド営業や、
野球特化メディアの運用・記事執筆を担当。

大学卒業後、ギガスリートに新卒入社。

現在は、ビヨンドマックス ホームラン競争 企画・動画制作も行なっています。

Twitterでは、野球に関する様々な情報・意見もつぶやいています!
https://twitter.com/my_fyutya
フォローよろしくお願いします!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今後の巨人を支えるであろう4人の若手野手 2018年。ここまで巨人の若手選手たちが台頭しつつありま…
  2. 大会参加費無料!全国47都道府県でエントリー開始 軟式野球リーグG-LEAGUEが「フリープラン2…
  3. 【問題】バッティングをしているのは誰?? ヒント1 子供の頃に憧れていた選手は巨人時…
  4. 【PR:MIZUNO】 野球シーズン真っ盛り! ユニフォームの新調をするチームも多いのでは?…
  5. 【PR:MIZUNO】 足元を制するものが、ホームランダービーを制す!? 2017年に東京・大阪…
ページ上部へ戻る