ゲーム差なんて関係なし!?球史に残るペナント大逆転劇3選!

  • 2016/7/14
  • ゲーム差なんて関係なし!?球史に残るペナント大逆転劇3選! はコメントを受け付けていません。






今年はどんなドラマが待っている?

古田敦也氏によると、一般的には3ゲーム差をひっくり返すのに1ヶ月かかるそうです。ところが、球史を振り返ってみると10ゲーム以上差がつけられたところから、大逆転優勝を果たしたチームもあります。野球は理屈じゃないー。そんなペナントでの大逆転劇をご紹介します。

スポンサードリンク


 

1996年 セ・リーグ 優勝:読売ジャイアンツ

7月6日の時点で首位カープに最大11.5ゲーム差をつけられたものの、7月9日の広島戦では日本記録タイとなる9者連続安打、7得点を奪い勝利したのを機に巨人の快進撃がスタート。

  • 3番 松井秀喜 打率.314 38本塁打 99打点
  • 4番 落合博満 打率.301 21本塁打 86打点
  • 5番 マック 打率.293 22本塁打 75打点
  • 6番 清水隆行 打率.293 11本塁打 38打点

特にこの年のジャイアンツを支えたのは、強力な主軸打者。各選手打率3割前後を残し、松井選手に関しては38ホーマーでチームの優勝に大きく貢献しました。

7月16日には長嶋茂雄氏の名言の一つである「メークドラマ」宣言。ゲーム差はどんどん縮まり、100試合目で首位に立ち、10月6日に巨人のリーグ制覇が決まりました。

 

1998年 パ・リーグ 優勝:西武ライオンズ

この年の前半戦は日本ハムが田中幸雄選手、片岡篤史選手などを筆頭とした「ビッグバン打線」を武器に前半戦を独走。7月には10ゲームの差がついていました。日本シリーズにおいて、横浜の「マシンガン打線」との対決が期待されていましたが、後半戦で日本ハムは悪夢ともいえる失速。そこへ西武が一気に追い上げを見せます。前半戦乗れなかった打線が、松井稼頭央選手、高木大成選手、マルティネス選手を中心に爆発、さらに投手陣では前半不調だった西口文也投手が後半大活躍。13勝12敗でチーム唯一の二桁勝利をマークしました。

・森慎二 52試合 8勝8敗5S 防御率 3.81
・橋本武広 66試合 1勝4敗5S 防御率 3.53
・デニー友利 53試合 7勝4敗8S 防御率 2.60
・杉山賢人 44試合 0勝0敗1S 防御率 2.50

中継ぎ陣では橋本武広が66試合、デニー友利が53試合に登板するなど、リリーフ陣が大車輪の活躍でチームを支えました。

スポンサードリンク


 

2008年 セ・リーグ 優勝:読売ジャイアンツ

7月8日の時点で阪神に最大13ゲーム差をつけられていたものの、阪神の失速、巨人の若手の台頭などにより、9月には破竹の12連勝を飾るなどの大進撃。見事にセ・リーグ新記録となる逆転優勝を果たし、「メークレジェンド」を成し遂げました。

・山口鉄也 67試合 11勝2敗2S23H 防御率 2.32
・越智大祐 68試合 3勝3敗0S10H 防御率 2.40
・豊田清 50試合 3勝2敗0S26S 防御率 3.30
・クルーン 61試合 1勝4敗41S0S 防御率 2.21

・小笠原道大 打率.319 45本塁打 125打点
・ラミレス 打率.310 36本塁打 96打点

また、2年目の坂本勇人選手など若手の台頭とともに、逆転優勝の要因となったのは、盤石のリリーフ陣と主軸の2人の活躍でした。

 

諦めなかったチームが最後に笑う 勝負は夏場!

2016年のペナントレース。前半戦を終えた段階で、セ・リーグは広島が、パ・リーグはソフトバンクが首位を走っています。

しかし、今回紹介した例でもあったように、何があるかわからないのがプロ野球のペナントレース。シーズンも中盤に入り、疲れから打線が湿った時期に投手陣の疲れのピークが重なるようなら、他5球団には大きなチャンスです。

また、大逆転には首位の失速も大きな条件にはなりますが、大前提として下のチームが諦めずに最後まで戦うこと。2016年のシーズンは、どのようなドラマが待っているのか、期待して見ていきましょう!

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楡井直道

楡井直道

投稿者プロフィール

現都内大学三年生

プロ野球、プロボクシングの大ファン

最近はメジャーリーグも勉強中

スポーツライター目指してます。

野球に興味ある無しに関わらず、読みやすい!面白い!と思ってもらえるような文章書けるように頑張ります!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
  2. 【PR:MIZUNO】 予想&実戦検証!新ボールで試合をしてわかったこと 新軟式ボールM号が発売…
  3. 小学生〜高校生の野球人口が激減している 筆者が小学生だった頃、男子生徒のクラブ活動といえば野球かサ…
  4. 草野球プレーヤーへのヒントにも 全国3,000校以上が凌ぎを削る、高校野球の頂点を決める夏の甲子園…
  5. キューバ代表・『サントスの衝撃』マネしてみよう! 打つ直前に走り出す、通称「走り打ち」。2017年…
ページ上部へ戻る