本当の努力とは何か?「世界のホームラン王」王貞治の名言集

  • 2015/10/6
  • 本当の努力とは何か?「世界のホームラン王」王貞治の名言集 はコメントを受け付けていません。






積み上げたホームランの数は868本

今なお、世界一のホームラン数を誇る王貞治さん。王さんの言葉の数々は、私たちに「本当の努力とは何か」ということを教えてくれます。今回は、血の滲むような努力で「世界のホームラン王」となった王貞治さんの名言をご紹介します。

スポンサードリンク

「努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない」

 

「いままでの僕の記録はみんな、耐えることで作られてきたんです」

 

「もう打てないんじゃないかという恐怖は、常について回るんです。結果を残してきた人ほど不安と戦ってきたはずだし、恐怖心を持っていない人は本物じゃない。その怖さを打ち消したいがために、練習するわけです」

 

「僕は人生は円だと思ってきました。朝があれば、昼があり、夜があって、朝がくる。季節で言えば冬がくれば、春、夏、秋がきて。これはもう止めようがありません。人間もサイクルみたいなものがあって、調子がいいときもあれば、悪いときもある」

 

「基本的にプロというのは、ミスをしてはいけないんですよ」

 

「名選手になることは難しくない。努力を怠らず、目の前にあるものをキッカケを逃さずに、確実に掴んでいけば、必ずどうにかなる」

 

スポンサードリンク

「直球を一球でしとめろ。それができなくなれば終わりだぞ」

 

「ホームランを打つことは注目されたけど、それ以外は、あくまでも王貞治だと思っていた。世間はなかなかそう思っていなかったけど、僕はそういう生き方をしようと思っていたからね」

 

「敵と戦う時間は短い。自分との戦いこそが明暗を分ける」

 

「練習で120%の力で振れ。そうすれば試合は80%の力でいい」

 

「仕事は忍耐第一主義」

 

「バッティングというのは太陽のまわりを運動する惑星みたいなものでね。その核心は軸として定まっている」

 

「自分のためにやるからこそ、それがチームのためになるんであって、「チームのために」なんて言うやつは言い訳するからね。オレは監督としても、自分のためにやってる人が結果的にチームのためになると思う。自分のためにやる人がね、一番、自分に厳しいですよ」

 

「最高のものを求める強い気持ちがないと、結果は出ないものなんだよ」

 

「カネほしさに野球をやる人は、決して本物にはなれないでしょう」

 

「ホームランというのは準備したことがちゃんとできてるだけの話」

 

「勝負は、「ゲームセット」と審判が言うまで、分からない」

 

「チームでも人でも、成長するときは45度の角度で一本調子で上がっていくことはない。最初は見えないくらいジワジワと上がっていき、途中から急カーブで伸びるものです。そのジワジワの時期にも、監督としては辛抱強く言い続けること、そして待ち続けることが大事なのです」

スポンサードリンク


 
あなたの胸に響いた、王貞治さんの名言はなんですか?

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

《球歴》
・芝園イーグルス (少年野球)
・芝中 軟式野球部
・早稲田実業 硬式野球部
 2年秋からマネージャー
・草野球チーム 芝中おーたず GM
       上柚木トランシーバーズ GM


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 驚愕の柵越え66発!ギガキングで場外アーチ連発! 今回で3回目の開催となったMIZUNO×G-LE…
  2. お待たせしました大阪のスラッガーの皆さん! 先日66本のアーチが飛び出した第3回 MIZUNO×G…
  3. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
  4. 【PR:MIZUNO】 予想&実戦検証!新ボールで試合をしてわかったこと 新軟式ボールM号が発売…
  5. 小学生〜高校生の野球人口が激減している 筆者が小学生だった頃、男子生徒のクラブ活動といえば野球かサ…
ページ上部へ戻る