さあいったい誰に決まる!?混戦のセ・リーグ新人王争い!

  • 2014/9/23
  • さあいったい誰に決まる!?混戦のセ・リーグ新人王争い! はコメントを受け付けていません。

新人王は誰に!?

いよいよプロ野球シーズンも大詰めになりました。セ・リーグ、パ・リーグともに優勝争いが気になるところですが、ここで新人王争いにも注目してみましょう。今日はセ・リーグ編です!
 

混戦のセ・リーグ

大瀬良大地(広島)

24試合 9勝7敗 防4.18

前半戦5連勝と波に乗っていた大瀬良投手も、ここへ来てやや失速。シーズンの疲れが出てきたのでしょうか。広島の奮起のためにも頑張ってもらいたいところです。

 

又吉克樹(中日)

64試合 9勝1敗 防2.10

新人ながら64試合という驚異の試合回数。30ホールドで安定感も抜群。現段階で最有力ではないでしょうか。

スポンサードリンク

 

福谷浩司(中日)

68試合 1勝4敗 防1.78

4敗しながらも、防御率は1点台と又吉投手よりも上回っている。この二人の勝負は見逃せません。

 

三上朋也(横浜DeNA)

59試合 1勝3敗 2.05

今期新人ながら「ハマの守護神」に就任した三上投手。8月は大車輪の活躍でDeNAを支えました。

スポンサードリンク

 

田中広輔捕手(広島)

104試合 284打数85安打 率.299

セ・リーグ野手の筆頭候補は今期の広島の躍進を支え続ける彼でしょう。規定打席に到達するかはわかりませんが、残り試合次第では可能性はあります。
今後の出場状況にも注目です。

 

他の選手にもまだまだ可能性が

中日の中継ぎ陣の活躍には眼を見張るものがありますね。ここには掲載している選手以外にも、秋吉投手(ヤクルト)や小林捕手(巨人)、梅野捕手(阪神)なども活躍しています。ひょっとしたらDeNAのグリエルも選ばれるかもしれません。

皆さんの予想はいかがでしょうか?

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Y.Ando

Y.Andoライター

投稿者プロフィール

野球(?)歴13年(ソフトボール4年,軟式野球3年,硬式野球3年,準硬式野球3年)
アマチュアからプロ野球、MLBの情報を中心に皆さまにお届けしていきます!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 盗塁論に迫る プロ通算228盗塁、史上トップの盗塁成功率を誇る鈴木尚広氏(元巨人)。その走塁のスペ…
  2. 勝負の世界で活躍した父を持つ、妹思いの心優しき兄 福岡ソフトバンクホークスの2016年ドラフト2位…
  3. 近鉄監督就任2年で6位→優勝へ 梨田采配の何がスゴイの? 近鉄、日ハム、そして楽天。2017年も優…
  4. 赤カップ・ライナーバックの青グラブのあの選手は外せない! 2017年シーズン、楽天の則本昂大投手が…
  5. 松井野球教室
    松井秀喜さんから直接指導! 6月25日(日)に、読売ジャイアンツ球場で、松井55ベースボールファウ…
ページ上部へ戻る