なぜ追い込んでから1球外す?ツーストライクからの3球勝負が少ない理由

0-2→1-2で打率が急上昇!

日本の野球をみているとツーストライクからの外し球が多いことに気づきます。4球目の布石になっているならまだしもほぼ何のための外し球なのかわからないものが多いようにみうけられます。そこでこの1球はなにを意味するものなのか検証してみました。

スポンサードリンク

「遊び球」は投げるべきではない?

2016年シーズン好調をキープしているバッターのカウント別成績を見てみると、

坂本勇人

  • 0ボール2ストライク 打率.250
  • 1ボール2ストライク 打率.319

筒香嘉智

  • 0ボール2ストライク 打率.154
  • 1ボール2ストライク 打率.268

角中勝也

  • 0ボール2ストライク 打率.269
  • 1ボール2ストライク 打率.365

スポンサードリンク


この数字を見てみると、3球目をわざわざ外すことは、自らバッターのヒットの確率を上げているようなものとも言えるでしょう。バッテリーは打者を追い込んだら、早々に勝負した方が良いと、この数字は物語っています。ボール球を挟んで「遊ぶ」ほどバッテリーは自らの足元を危うくします。

一流と呼ばれるの打者たちでも、1ボール増えただけで打率が一気に上がります。例外となる打者はなかにはいるものの、2ナッシングのカウントでの打率の方が圧倒的に投手有利と言えるでしょう。

スポンサードリンク

次ページ:>>メジャーではどうなのか?

ページ:

1

2
記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大事なのは、「流れを作る声」と「準備のための声」 「コーチ、声はなんで出さなきゃいけないんですか?…
  2. KWBボールの大会が一新!各都道府県の選抜チームが激突することに 先日、毎年夏に開催されていた「U…
  3. イチローだからこそ語れる、響く5つの名言 マリナーズからヤンキース、マーリンズへと渡り歩き、そして…
  4. 5年連続受賞の「打撃の良い投手」の成績は?! 投打に鮮烈なデビューを飾った大谷翔平選手。その活躍を…
  5. 【PR:MIZUNO】 足元を制するものが、ホームランダービーを制す!? 2017年に東京・大阪…
ページ上部へ戻る