廃部の危機!?甲子園戦績にPL学園の栄光を振り返る

新部員の受け入れ停止

10月10日、PL学園の野球部が新年度の部員の受け入れを停止することが明らかになりました。名門高校の廃部の危機。しかし、その栄光の歴史は時が経った現在も色あせることはありません。


甲子園出場35回。歴代2位の甲子園96勝。春3回、夏4回の全国制覇。

清原選手と桑田投手のKKコンビで一世を風靡し、その後の1987年に春夏連覇。

1998年には横浜高校と延長17回の死闘。

甲子園の歴史を彩ってきたPL学園。


またプロ野球の世界にも多くの選手を輩出してきました。

>>PL学園出身のプロ野球選手一覧はこちら

高校野球とプロ野球。その歴史の中に常にいたPL学園。改めて振り返ってみても、やはりその功績は偉大でした。


記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

《球歴》
・芝園イーグルス (少年野球)
・芝中 軟式野球部
・早稲田実業 硬式野球部
 2年秋からマネージャー
・草野球チーム 芝中おーたず GM
       上柚木トランシーバーズ GM


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大事なのは、「流れを作る声」と「準備のための声」 「コーチ、声はなんで出さなきゃいけないんですか?…
  2. KWBボールの大会が一新!各都道府県の選抜チームが激突することに 先日、毎年夏に開催されていた「U…
  3. イチローだからこそ語れる、響く5つの名言 マリナーズからヤンキース、マーリンズへと渡り歩き、そして…
  4. 5年連続受賞の「打撃の良い投手」の成績は?! 投打に鮮烈なデビューを飾った大谷翔平選手。その活躍を…
  5. 【PR:MIZUNO】 足元を制するものが、ホームランダービーを制す!? 2017年に東京・大阪…
ページ上部へ戻る