奪三振率トップ!スーパールーキー・サイドスロー又吉克樹の凄さとは?

  • 2015/3/8
  • 奪三振率トップ!スーパールーキー・サイドスロー又吉克樹の凄さとは? はコメントを受け付けていません。






ルーキーながら大車輪の右腕

今回は2015年の今シーズン注目の若手選手として、中日ドラゴンズの又吉克樹投手について調べてみたいと思います。昨シーズンルーキーながら大車輪の活躍した右腕をさまざまな角度から分析してみます。

スポンサードリンク

セリーグ一番の驚異の奪三振率

 

又吉投手の2014年の成績は、

  • 登板67試合
  • 81イニング
  • 9勝1敗
  • 2セーブ
  • 防御率2.21
  • 奪三振104

となっています。

1試合あたりの奪三振数の指標となる奪三振率は11.51で、200人位上の打者と対戦している投手の中では1位となっています。抑え投手の中では巨人のマシソン投手、阪神のオ・スンファン投手よりも高い数字です。フォアボールも28と、制球も安定しています。

スポンサードリンク

高校時代は120キロに満たなかった?!

現在はサイドスローから151キロの速球と、スライダーを武器にした投球スタイルの又吉投手ですが、高校時代は補欠で、球速も120キロに満たなかったそうです。入学時も身長が150センチしかなく、環太平洋大学進学後に180センチまで急成長し、球速も大幅に伸びました。その後四国アイランドリーグの香川オリーブガイナーズに入団し、入団1年目からエースとして活躍しました。2013年シーズンの高知ファイティングドッグス戦では8回2死まで走者を許さないピッチングで1安打完封勝利を成し遂げ、その実力をNPBのスカウト陣に魅せつけました。そしてその秋に四国アイランドリーグからは最高位となるドラフト2位で中日に入団しました。

スポンサードリンク

今季はどこまで活躍できるか?

昨年は新人王を逃したものの、球団からその活躍は大いに評価され、昨年の新人最高の376%の昇給率の契約でサインしました。また、10日から始まる侍ジャパンvs欧州代表のメンバーにも選ばれ、昨年初めてプレーオフ進出をのがした中日復活のキーマンとして、今季はさらなる活躍が期待されます。





記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Y.Ando

Y.Andoライター

投稿者プロフィール

野球(?)歴13年(ソフトボール4年,軟式野球3年,硬式野球3年,準硬式野球3年)
アマチュアからプロ野球、MLBの情報を中心に皆さまにお届けしていきます!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 最強の少年スラッガー決定戦!! 第一回 ホームラン22本。第二回 ホームラン30本。第三回 ホーム…
  2. ストレートMAX球速も141キロ。なぜ田中投手が勝てるのか注目してみた。 2018年シーズン、東京…
  3. 今後の巨人を支えるであろう4人の若手野手 2018年。ここまで巨人の若手選手たちが台頭しつつありま…
  4. 大会参加費無料!全国47都道府県でエントリー開始 軟式野球リーグG-LEAGUEが「フリープラン2…
  5. 【問題】バッティングをしているのは誰?? ヒント1 子供の頃に憧れていた選手は巨人時…
ページ上部へ戻る