何が起こるか分からない?!『史上最大の下克上』2010年の千葉ロッテのCSを振り返る

  • 2014/10/8
  • 何が起こるか分からない?!『史上最大の下克上』2010年の千葉ロッテのCSを振り返る はコメントを受け付けていません。

日米での下克上

青木宣親選手が所属するカンザスシティ・ロイヤルズのシーズン最終戦にワイルドカード2位でのプレーオフ出場を決め、ディビジョンシリーズ出場決定戦では延長 回の末に逆転勝利。その勢いそのままにアメリカン・リーグ勝率1位のアナハイム・エンゼルスとの地区シリーズを3連勝で突破。ロイヤルズが勝ち抜く様は、まさに「下克上」でした。


日本でも、「史上最大の下克上」と呼ばれたチームがありました。2010年の千葉ロッテマリーンズです。

猛烈な追い込みでCSに滑り込みで出場

2010年のシーズン大詰め、千葉ロッテマリーンズは瀬戸際の戦いを強いられていました。一つでも負けたら4位に転落し、クライマックスシリーズ出場を逃すと言うギリギリの状況。しかし、見事3連勝し、クライマックスシリーズ出場を果たします。この時の里崎智也選手の一言が、後に歴史に刻まれることとなります。

「史上最大の下克上を見せる!」

このコメント以降、ロッテの試合では「史上最大の下克上」という言葉が用いられるようになりました。しかし、本当の激闘はここからでした。

クライマックスシリーズ ファーストステージ vs西武ライオンズ

2試合連続で9回表からの逆転劇

  1. ロッテ 6-5 西武 ○
  2. ロッテ 5-4 西武 ○

第1戦は4点ビハインドで迎えた9回に金泰均選手、里崎智也選手のタイムリーで追いつくと、11回に福浦和也選手のソロホームランで勝ち越し、ファイナルステージ進出に王手をかけます。翌日の第2戦も土壇場の9回に里崎選手のソロホームランで追いつき、延長11回に井口資仁選手のタイムリーで勝ち越し、そのまま逃げ切ります。2試合連続で9回までリードを許しながらも、逆転勝利という壮絶な試合展開は、まだまだ「史上最大の下克上」のシナリオの一場面でしかありませんでした。

クライマックスシリーズ ファイナルステージ vs福岡ソフトバンクホークス

2連敗からの3連勝

  1. ロッテ 3-1 ソフトバンク ○
  2. ロッテ 1-3 ソフトバンク ●
  3. ロッテ 0-1 ソフトバンク ●
  4. ロッテ 4-2 ソフトバンク ○
  5. ロッテ 5-2 ソフトバンク ○
  6. ロッテ 7-0 ソフトバンク ○

第2戦、第3戦と落とし、王手をかけられたロッテ。崖っぷちの状態から2連勝で逆王手をかけると、最終戦、ロッテ先発・成瀬投手がソフトバンク打線を完封する快投を見せ、日本シリーズの切符をつかみます。シーズン3位のチームが日本シリーズに進出するのは、史上初の快挙となりました。


日本シリーズ vs中日ドラゴンズ

延長15回引き分け、3試合の4時間ゲーム

  1. 中日 2-5 ロッテ    ○
  2. 中日 12-1 ロッテ  ●
  3. ロッテ 7-1 中日       ○
  4. ロッテ 3-4 中日    ●
  5. ロッテ 10-4 中日     ○
  6. 中日 2-2 ロッテ      △
  7. 中日 7-8 ロッテ    ○

ロッテの3勝2敗で迎えたシリーズ第6戦は、球史に残る試合となります。8回にロッテが追いつき、同点になって以降、試合は延長15回まで続き、規定により引き分けとなりました。引き分けは24年ぶり、試合時間5時間43分は日本シリーズ最長記録でした。シリーズ全体を見ても、7試合で試合時間が4時間を超えたのが3試合という、死闘となりました。

そして、第7戦、3回には中日に4点のリードを許しながらも、7回に逆転。一度は追いつかれるも、延長12回に岡田のライトオーバーのスリーベースで勝ち越しました。ロッテは5年ぶり4度目の日本一に輝きました。里崎選手が宣言して、約1ヶ月間の戦いの末に、遂に「史上最大の下克上」を達成したのです!

 

何が起こるか分からない短期決戦。一戦一戦、一球一球に勝利の女神が行ったり来たりする中で、選手たちはどのようなプレーを見せるのか。短期決戦ではペナントレースでは見られないまた違ったドラマがあり、それもまた楽しみですね!


記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

2006年夏の甲子園決勝再試合。
斎藤佑樹投手に憧れ、早稲田実業硬式野球部に入部。
2年秋からマネージャー兼助監督

大学1年時から株式会社ギガスリートにインターンとしてジョイン。
草野球リーグG-LEAGUEの飛び込みグラウンド営業や、
野球特化メディアの運用・記事執筆を担当。

大学卒業後、ギガスリートに新卒入社。

現在は、ビヨンドマックス ホームラン競争 企画・動画制作も行なっています。

Twitterでは、野球に関する様々な情報・意見もつぶやいています!
https://twitter.com/my_fyutya
フォローよろしくお願いします!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 最強の少年スラッガー決定戦!! 第一回 ホームラン22本。第二回 ホームラン30本。第三回 ホーム…
  2. ストレートMAX球速も141キロ。なぜ田中投手が勝てるのか注目してみた。 2018年シーズン、東京…
  3. 今後の巨人を支えるであろう4人の若手野手 2018年。ここまで巨人の若手選手たちが台頭しつつありま…
  4. 大会参加費無料!全国47都道府県でエントリー開始 軟式野球リーグG-LEAGUEが「フリープラン2…
  5. 【問題】バッティングをしているのは誰?? ヒント1 子供の頃に憧れていた選手は巨人時…
ページ上部へ戻る