補欠になってもあきらめない!『控え選手』から鍛え上げ、プロになった6人の男たち

  • 2015/2/11
  • 補欠になってもあきらめない!『控え選手』から鍛え上げ、プロになった6人の男たち はコメントを受け付けていません。

誰もが憧れる野球エリートばかりがプロへの道ではない

田中将大、ダルビッシュ有、松井秀喜、松坂大輔…チームの中心選手として憧れの舞台甲子園に出場し、その後プロ野球選手になる―。

少年の頃から誰もが思い描く野球人のサクセスストーリー。

スポンサードリンク

しかし、誰もが思い通りの道を歩める訳ではなく、甲子園に出るどころか、チーム内で一桁の背番号すら手に入らないことも。

しかし、高校時代にレギュラーに選ばれず控えだった選手でも、その後に開花しプロになり、そして大活躍することだってあります。

その類い稀なる何苦楚魂と血の滲むような努力で、プロのステージへの挑戦権を掴み、栄光を勝ち取った5人の選手を紹介したいと思います。

沢村拓一(読売ジャイアンツ)

佐野日大高校時代は3番手投手で、最後の夏は登板機会のないまま引退。高校時代から遠投120mの肩と真っすぐへのこだわりは強かったが、当時は細身で球速は140km/hに届きませんでした。

しかし中央大学に進学しウエイトトレーニングなどの猛トレーニングを重ね、才能が開花。4年春には大学生歴代最速となる157km/hをマークし、さらに、変化球を交えた投球術も身につけました。

2010年に巨人に入団すると、1年目に11勝・防御率2.03をマークし、新人王を受賞しました。

スポンサードリンク

吉田一将(オリックス・バッファローズ)

甲子園出場を目指し、青森山田高校へ進学。甲子園に2度出場するも、控え投手として3年間で公式戦登板回数は10イニング未満。

怪我に悩まされ不完全燃焼に終わった高校時代の悔しさをバネに、変化球の習得やフォームの改良を重ね、その後の大学、社会人と着実に成長をしていきます。

191cmの長身から繰り出す真っすぐと多彩な変化球、そしてそれらを低めに集める抜群のコントロールが持ち味。

JR東日本時代は「社会人No.1投手」と称されるまでに成長。ルーキーの2014年は8試合を投げ5勝と、新人王候補となる活躍を見せています。

スポンサードリンク

次ページ:>>メジャーリーグにまで上り詰めた選手も!

ページ:

1

2
記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 最強の少年スラッガー決定戦!! 第一回 ホームラン22本。第二回 ホームラン30本。第三回 ホーム…
  2. ストレートMAX球速も141キロ。なぜ田中投手が勝てるのか注目してみた。 2018年シーズン、東京…
  3. 今後の巨人を支えるであろう4人の若手野手 2018年。ここまで巨人の若手選手たちが台頭しつつありま…
  4. 大会参加費無料!全国47都道府県でエントリー開始 軟式野球リーグG-LEAGUEが「フリープラン2…
  5. 【問題】バッティングをしているのは誰?? ヒント1 子供の頃に憧れていた選手は巨人時…
ページ上部へ戻る