甲子園の次は大学野球!開幕間近の東京六大学野球のハイレベルな戦いに注目!

  • 2014/9/8
  • 甲子園の次は大学野球!開幕間近の東京六大学野球のハイレベルな戦いに注目! はコメントを受け付けていません。

秋リーグ開幕!

9月13日に東京六大学野球の秋季リーグ戦が開幕します。神宮を舞台に、トップレベルの大学生プレーヤーたちのハイレベルな熱き戦いが11月まで繰り広げられます。

最近の戦績は?

今年の春のリーグ戦は、早慶戦での優勝決定戦を制し、慶応義塾大学が6季ぶりの優勝を果たしました。平成24年の春季リーグ戦からの優勝校は、

  • 平成24年春 早稲田大学
  • 平成24年秋 法政大学
  • 平成25年春 明治大学
  • 平成25年秋 明治大学
  • 平成26年春 慶應義塾大学

近年、東京六大学はハイレベルな混戦となっており、毎年優勝校は入れ替わっています。


1番優勝しているのは?

大正14年から始まった歴史ある東京六大学野球。優勝回数をランキングすると、次のようになります。

  1. 44回 法政大学
  2. 43回 早稲田大学
  3. 36回 明治大学
  4. 34回 慶應義塾大学
  5. 0回  東京大学

プロ野球選手の卵たち

大学野球リーグの最高峰の一つとも言える東京六大学から、プロ野球選手を数多く輩出しています。


2001年以降の東京六大学出身のプロ野球選手数

  • 早稲田大学:22人
  • 明治大学:16人
  • 法政大学:15人
  • 慶應義塾大学:8人
  • 立教大学:1人
  • 東京大学:1人
  • 合計:63人

プロ入りの可能性を秘めた選手たちを、東京六大学のリーグ戦で先取りできるのも魅力の一つ。六大学の名勝負が、後々プロの世界でも名勝負となるかもしれません。今シーズンは、150キロを超える速球が持ち味の早稲田の有航平投手や六大学ナンバーワン左腕の呼び声も高い明治大学の山崎福也投手、野手では興南高校で春夏連覇を果たし、立教大学で主将を務める我如古盛次など、プロ注目の選手たちはたくさんいます。

新人戦も注目!

リーグ戦が終了した翌日から3日間、新人戦が行われます。六大学の1、2年生によるトーナメント戦で、六大学の未来を担う選手たちの活躍を間近で見れるチャンスです。この舞台で結果を残し、次のシーズンで活躍する選手もいるはず!


甲子園の次は大学野球!

大きな盛り上がりを見せた甲子園も終わり、ちょっと野球熱が冷めてきたりしてませんよね?神宮で行われる東京六大学野球は、何と言っても球場に足を運び、レベルの高い、熱気ある試合を生で見れるのが魅力です。

皆さんも一度、神宮球場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

《球歴》
・芝園イーグルス (少年野球)
・芝中 軟式野球部
・早稲田実業 硬式野球部
 2年秋からマネージャー
・草野球チーム 芝中おーたず GM
       上柚木トランシーバーズ GM


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【PR:MIZUNO】 ホームランアーティスト最大の敵「風」をものともせずGIGAKINGで25発…
  2. 【PR:MIZUNO】 柵越え66発!「スピンをかける」軟式野球のホームランの打ち方が変わる! …
  3. 驚愕の柵越え66発!ギガキングで場外アーチ連発! 今回で3回目の開催となったMIZUNO×G-LE…
  4. お待たせしました大阪のスラッガーの皆さん! 先日66本のアーチが飛び出した第3回 MIZUNO×G…
  5. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
ページ上部へ戻る