どうなる熾烈な優勝争い!秋の東京六大学野球リーグ戦

  • 2014/10/28
  • どうなる熾烈な優勝争い!秋の東京六大学野球リーグ戦 はコメントを受け付けていません。

段々と寒くなってきて冬の足音が聞こえてくる今日この頃ですが今年もそんな寒さを吹き飛ばすような熱い戦いが神宮で行われています。それは東京六大学野球秋季リーグ戦です。

最近の六大学リーグの話題というと東京大学が86連敗を喫しついに4年生が一度も勝利出来ないまま引退をしてしまうという事や早稲田大学から有原投手、中村内野手の2人がドラフト1位で指名されるといったものがクローズアップされていますが秋の熾烈な優勝争いからも目が離せません。

昨日行われた明立戦で1勝1敗1分けになり優勝持ち越しで、まだまだ分からない状態で混沌のまま更にもつれ込んできました。

立大は勝てば13度目のリーグ制覇、負ければ3位。まさに天国と地獄!

そしてついに本日、明立戦で最終決戦、大注目です!

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. みなさんは普段、どのように野球の情報を仕入れていますか? 野球に関する様々な意見を発信しているG-T…
  2. 2019/3/7

    「122対0」
    過去最高得点差!? 現在高校野球では地方予選において神奈川を除いて決勝以外はコールドゲーム規定という…
  3. プレッシャーに向き合った等身大のヒーロー 高校3年生の原選手はドラフト直前にプロ入りを拒否し大学進学…
  4. 最強の少年スラッガー決定戦!! 第一回 ホームラン22本。第二回 ホームラン30本。第三回 ホーム…
  5. ストレートMAX球速も141キロ。なぜ田中投手が勝てるのか注目してみた。 2018年シーズン、東京…
ページ上部へ戻る