プロ入りした選手がなんと5人!1987年PL学園の強すぎる春夏連覇メンバー

  • 2015/2/14
  • プロ入りした選手がなんと5人!1987年PL学園の強すぎる春夏連覇メンバー はコメントを受け付けていません。






「歴代の高校の中で、一番強かったチームは?」

長い高校野球の歴史の中で、様々な強豪校がファンを魅了してきました。この議論はこれまで幾度となくされてきたでしょう。

今回は、歴代の中でも最強チームの一つと言われている、1987年のPL学園を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

史上4校目の春夏連覇!

1987年のPL学園は、2年前に桑田真澄投手と清原和博選手の「KKコンビ」を擁しても成し得なかった春夏連覇を達成します。

1987年 春

  • 1回戦 ○ PL学園3-1西日本短大付
  • 2回戦 ○ PL学園8-0広島商
  • 準々決勝 ○ PL学園3-2帝京(延長11回)
  • 準決勝 ○ PL学園8-5東海大甲府(延長14回)
  • 決勝 ○ PL学園7-1関東一

1987年 夏

  • 1回戦 ○ PL学園7-2中央
  • 2回戦 ○ PL学園7-2九州学院
  • 3回戦 ○ PL学園4-0高岡商
  • 準々決勝 ○ PL学園4-1習志野
  • 準決勝 ○ PL学園12-5帝京
  • 決勝 ○ PL学園5-2常総学院

 

1987年 夏の甲子園決勝のスターティングメンバー

  1. セカンド 尾崎
  2. キャッチャー 伊藤
  3. ショート 立浪
  4. ファースト 片岡
  5. ライト 長谷川
  6. ピッチャー 野村
  7. レフト 桑田
  8. ショート 宮本
  9. センター 蔵本

この中に、ご存知の苗字がいくつかあったのではないでしょうか?

スポンサードリンク

30年近く時が流れてもなお、「最強チーム」の一つとして名が挙がる1987年のPL学園。その春夏連覇という実績もさることながら、「最強」呼ばれる理由は他にもあります。実は、その後にプロ入りを果たし、プロ野球の世界でも活躍した選手たちが5人もいるのです。

 

その後プロ入りした1987年春夏連覇メンバー

立浪和義 中日ドラゴンズ(1位指名)

  • 1988~2009年 22年 2586試合 2480安打 487二塁打(歴代1位)171本塁打 1037打点 打率.285
  • タイトル:新人王 ベストナイン:2回 ゴールデングラブ賞:5回

PL学園時代は3番ショート、そしてキャプテンを任されており、注目を集めていました。高卒1年目から球団史上唯一のフルイニング出場を果たし、新人王とゴールドグラブ賞を受賞。その後もドラゴンズ一筋で活躍し、3代目「ミスタードラゴンズ」と呼ばれました。

片岡篤史 同志社大学 – 日本ハムファイターズ(2位指名) – 阪神タイガース

  • 1992~2006年 1569試合 1425安打 164本塁打 717打点 打率.270
  • タイトル:最高出塁率 ベストナイン:2回 ゴールデングラブ賞:3回

PL学園時代は4番としてチームを牽引。同志社大学を経て、プロ入り1年目から「ビックバン打線」の3番打者として打率.290 10本塁打の成績を残します。阪神移籍後の2003年には、中軸として18年ぶりのリーグ優勝に貢献しました。

野村弘樹 横浜大洋ホエールズ(3位指名)

  • 1988~2002年 301試合 101勝 88敗 防御率4.01
  • タイトル:最多勝:1回 (1993年)

PL時代はエースとして甲子園で10試合に登板して6勝。打っては高校通算53本塁打をマークしています。プロ入り後も投球もさることながら、打撃も健在で、通算92安打 6本塁打 47打点という成績も残しています。

橋本清 読売ジャイアンツ(1位指名)- 福岡ダイエーホークス

  • 1988~2001年 134試合 9勝 12敗 8S 防御率3.17

PL学園時代は背番号10の右のエースとして、野村投手と二枚看板を結成。プロ入り6年目に一軍定着を果たし、150キロを超える速球とフォークを武器にセットアッパーとして活躍。抑えの石毛博史投手への継投策は、長嶋茂雄監督から「勝利の方程式」と名付けられました。

宮本慎也 同志社大学 – プリンスホテルーヤクルトスワローズ(2位指名)

  • 1995~2013年 2162試合 2133安打 62本塁打 578打点 408犠打 打率.282
  • タイトル:ベストナイン:1回 ゴールデングラブ賞:10回

PL学園時代は守備を買われ、2年として唯一の出場を果たし、春夏連覇を経験します。ゴールデングラブ賞10回の堅実な守備と、通算2000本安打・400犠打をマークしたつなぎの打撃を兼ね備えたチームに欠かせない選手として、スワローズ一筋で活躍で活躍しました。

スポンサードリンク

個々の能力の高さ、そしてプロで残した実績を考えると、この選手たちが集まっていた1987年のPL学園は間違いなく最強と言っても過言ではないかもしれません。

あなたが思う歴代最強の高校はどこですか?

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

《球歴》
・芝園イーグルス (少年野球)
・芝中 軟式野球部
・早稲田実業 硬式野球部
 2年秋からマネージャー
・草野球球団 芝中おーたず GM
       Saito Club GM
       上柚木トランシーバーズ GM

目標:55歳まで現役バリバリでプレーすることを目指す!(現在23歳)

「野球談義でさらに盛り上がれる!」
 「野球の新しい面白さに出会える!」 
   そんな記事をお届けしていきます!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 盗塁論に迫る プロ通算228盗塁、史上トップの盗塁成功率を誇る鈴木尚広氏(元巨人)。その走塁のスペ…
  2. 勝負の世界で活躍した父を持つ、妹思いの心優しき兄 福岡ソフトバンクホークスの2016年ドラフト2位…
  3. 近鉄監督就任2年で6位→優勝へ 梨田采配の何がスゴイの? 近鉄、日ハム、そして楽天。2017年も優…
  4. 赤カップ・ライナーバックの青グラブのあの選手は外せない! 2017年シーズン、楽天の則本昂大投手が…
  5. 松井野球教室
    松井秀喜さんから直接指導! 6月25日(日)に、読売ジャイアンツ球場で、松井55ベースボールファウ…
ページ上部へ戻る