青グラブといえばどの選手!?プロ野球の青色グラブプレーヤーを調べてみた

赤カップ・ライナーバックの青グラブのあの選手は外せない!

2017年シーズン、楽天の則本昂大投手が連続2桁奪三振記録で野茂投手を抜き新記録を樹立しました。則本投手のピッチングシーンを見るたびに、グラブが気になった方も多かったのではないでしょうか。青色に黄色い紐の派手なグラブ。

スポンサードリンク

則本投手の青グラブはイーグルスの白と赤のユニフォームによく似合っていました。過去を遡ると、ヤクルト・古田選手はある理由から青色のキャッチャーミットを使用し、巨人の高田繁選手の青グラブは学生の憧れの的となっていました。今回は、青グラブについて調べてみました。

 

「青いグラブと言えば?」で思い浮かぶ選手は?

岸孝之

ライオンズからイーグルスで移籍した岸投手。グラブが黄色・オレンジのグラブから、青色に変わったのを気づいたでしょうか?古巣西武ライオンズのチームカラーの青。古巣ライオンズへの思いと、心機一転の意味も込めて使用しているそうです。今後のさらなる活躍で、より青グラブの”イーグルス”の岸投手の印象がさらに強まることでしょう。

 

古田敦也

「青は冷静にさせる効果があるんですよ。だからピッチャーが打たれても冷静にさせるために青いグローブを使っているんです」

名捕手古田選手は主に青いキャッチャーミットを使用していました。その理由は、「ピッチャーを落ち着かせる色だから」。青いミットの印象が強い古田選手ですが、実は投手によって赤と青を使い分けていたと言う話もあります。

 

高田繁

青といえば巨人の高田繁!

そう思った方も多いことでしょう。まだカラフルなグラブを使用する選手が少なく、茶色のグラブがメインの時代に、赤カップのマークのついた青色のライナーバックのモデルを使用し、華麗なプレーを見せていた高田選手。その「高田モデル」は当時の野球人の憧れでした。

スポンサードリンク

 

他にもたくさんいる「青グラブプレーヤー」

  • 浅尾拓也(中日)
  • クルーン(元巨人)
  • 下柳剛(元阪神など)
  • 岩隈久志(マリナーズ)
  • 井川慶(元阪神など)
  • 工藤公康(元巨人など)
  • 三浦大輔(元横浜)
  • 野村祐輔(広島)

青グラブはかっこいい!印象に残りやすい!?

高校野球では使用が認められていない青グラブ。一度は青グラブを使ってみたいと思った選手も多いはず。草野球プレイヤーのみなさん、ぜひ一度青グラブ試してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 盗塁論に迫る プロ通算228盗塁、史上トップの盗塁成功率を誇る鈴木尚広氏(元巨人)。その走塁のスペ…
  2. 勝負の世界で活躍した父を持つ、妹思いの心優しき兄 福岡ソフトバンクホークスの2016年ドラフト2位…
  3. 近鉄監督就任2年で6位→優勝へ 梨田采配の何がスゴイの? 近鉄、日ハム、そして楽天。2017年も優…
  4. 赤カップ・ライナーバックの青グラブのあの選手は外せない! 2017年シーズン、楽天の則本昂大投手が…
  5. 松井野球教室
    松井秀喜さんから直接指導! 6月25日(日)に、読売ジャイアンツ球場で、松井55ベースボールファウ…
ページ上部へ戻る