ヤンキース・ジーターの次の挑戦!選手の生の声を届けるWEBサイトを公開!

  • 2014/10/24
  • ヤンキース・ジーターの次の挑戦!選手の生の声を届けるWEBサイトを公開! はコメントを受け付けていません

あのジーターが新しいサイトを公開?!

ニューヨーク・ヤンキース11代目キャプテン。世界一5度。歴代6位の通算3465安打。2014年限りで現役を引退したニューヨーク・ヤンキースのデレク・ジーター氏が、早くもネクストアクションを起こしました。現地10月1日、「The Players’ Tribune」(ザ・プレイヤーズ・トリビューン)というウェブサイトを公開したのです。

www.theplayerstribune.com
The Players' Tribune

スポンサードリンク

「選手に安心して自分の言葉を発信できる場を用意したかった」

そう語るジーター氏。あらゆるスポーツのトップアスリートが、報道陣を介さず、自らの「生の声」で意見を発信する。ファンと直接メッセージをやりとりする。そんな場にこのサイトはなるそうです。

早くも続々と一流選手の声が!

  • ブレイク・グリフィン(NBA ロサンゼルス・クリッパーズ)
  • ダニカ・パトリック(女性レーシングドライバー)
  • ラッセル・ウィルソン(NFL シアトル・シーホークスのクォーターバック)

サイトが出来てから一ヶ月弱。ジーター氏に始まり、野球界に留まらず、トップアスリートたちが続々と自らの言葉での情報発信を始めました。

スポンサードリンク

今後のジーター氏のステップに注目!

ジーター氏は現役引退の発表を自身の公式Facebookにて、自らの言葉で綴りました。

また、近年日本でも、ダルビッシュ選手のTwitterや三浦大輔選手のブログを筆頭に、自身の言葉でファンと直接コミュニケーションを取ろうとする選手も出てきました。今後のジーター氏の動き次第で、ファン、野球選手を含むアスリート、メディアの三者の関係に、大きな好影響をもたらす可能性もありそうです。

そして「The Players’ Tribune」の日本語訳版が欲しいと切に願う、筆者なのでした(笑)

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

2006年夏の甲子園決勝再試合。
斎藤佑樹投手に憧れ、早稲田実業硬式野球部に入部。
2年秋からマネージャー兼助監督

大学1年時から株式会社ギガスリートにインターンとしてジョイン。
草野球リーグG-LEAGUEの飛び込みグラウンド営業や、
野球特化メディアの運用・記事執筆を担当。

大学卒業後、ギガスリートに新卒入社。

現在は、ビヨンドマックス ホームラン競争 企画・動画制作も行なっています。

Twitterでは、野球に関する様々な情報・意見もつぶやいています!
https://twitter.com/my_fyutya
フォローよろしくお願いします!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「コンディショニング科学」の観点から研究した結果、体重とスイング速度の関係よりも、除脂肪体重とスイ…
  2. ※書籍「超える技術」からの一部転載です 私が野球を始めたのは8歳からで、小学3年生の時である…
  3. 十六歳で野球で渡米しメジャーリーグを目指してアメリカ各地を転々としていたというサバイバル生…
  4. 本記事はSpotunityコラムからの転載です エリートのスポーツだった日本の野球 日…
  5. 本記事はSpotunityコラムからの転載です  地球儀を回してみると、赤道面より北に地理緯…
ページ上部へ戻る