新たなルールまで作らせたスイッチピッチャー・メジャーリーガー誕生!

  • 2015/6/18
  • 新たなルールまで作らせたスイッチピッチャー・メジャーリーガー誕生! はコメントを受け付けていません。






初の『本物』のスイッチピッチャー

“史上初のスイッチピッチャー“が、ついに念願のメジャーデビューを果たしました。6月5日(日本時間6日)、アスレチックスのパット・ベンディット投手が、傘下の3Aネブラスカからメジャーに昇格。フェンウェイパークでのレッドソックス戦の2-4で迎えた七回から2回を投げて1被安打無失点でした。

常時両投げのSHP登録?!

打者によって右と左、両方の腕で投げ分ける”両投げ投手“として注目のベンディット投手。非常に珍しい両投げ投手ですが、メジャーの歴史では過去に4人の投手が左右両方で投げた記録があります。近代メジャーでは、エクスポスの右腕グレッグ・ハリス投手が現役最終年となった1995年の9月28日のレッズ戦で2人の右打者に対して左手で投げたのが、メジャー史上初のスイッチ投げが記録された試合でした。

スポンサードリンク

とはいえ「1度だけ左でも投げた」というハリス投手に対して、ベンディット投手は「常時両投げ」です。昇格を発表する公式のプレスリリースではRHP(右投げ)でもなく、LHP(左投げ)でもなく、SHP(両投げ)となっていたし、この日の公式メンバー表では救援投手の欄にスイッチとして入りました。そういう意味では、メジャー史上初の“公認両投げ投手”の誕生となります。

作られた左腕

ベンディット投手は本来右利きですが、幼少期より左右を同等に使うことに注目した父パット・シニア氏が、アスリートとして体の両側を鍛えるべきという方針を持ち、3歳から左でも投げ始め、リトルリーグ時代から両投げ投手としてプレーしていたそうです。

右打者が打席に入ると左手にグラブをつけて右腕で投げ、左打者が打席に入ると左腕で投げる。使用グラブはポケットが真ん中にあり、左右の両端に親指が入る六本指の特注品(ミズノ製)です。

2008年にヤンキースにドラフト20巡目で指名され、傘下のマイナー球団で7年間プレー。昨年オフ、アスレチックスとマイナー契約し、春季キャンプに招待参加。3Aナシュビルでは17試合に登板(1試合で先発)して1勝0敗、防御率は1・36でした。

スポンサードリンク


 

スイッチピッチャーVSスイッチヒッターの戦いで今までなかったルールが作られた?!

バンディットがヤンキースのマイナーに入団してすぐに、スイッチバッターと対戦し、互いに相手が左右を変えるともう一方も変える、ということが1分も続き、その後8分も審判と監督が協議。それにより、新しいスイッチピッチャーに対するルールができました。彼の名を取って、通称バンディット・ルールといわれています。

投手は対戦する打者の打席の最初に、どちらの腕を使うか決め、その打席内では変えられないようになりました。投げない方の手にただグラブをつけるだけで、投げる手を決めたことになるようになりました。

 

日本のプロ野球にも実在?

実は日本のプロ野球でも両投げ投手は実在していました。近田豊年投手は本田技研鈴鹿を経て、1987年のドラフト外で南海ホークスに入団。入団テストで左右両投げを披露して話題となりました。

実は、今回ベンディット投手で注目された左右どちらの手でも使える「6本指グラブ」はこの時既に近田投手の為に特注されたものです。

スポンサードリンク


一軍では1988年4月14日の大阪球場での対ロッテ戦に登板したのみですが、この登板では左投げのみでプレーしたため、一軍の公式戦でスイッチピッチングを披露する事はありませんでした。ただし、イニングの合間の投球練習では両腕で投げていたそうです。

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大会参加費無料!全国47都道府県でエントリー開始 軟式野球リーグG-LEAGUEが「フリープラン2…
  2. 【問題】バッティングをしているのは誰?? ヒント1 子供の頃に憧れていた選手は巨人時…
  3. 【PR:MIZUNO】 野球シーズン真っ盛り! ユニフォームの新調をするチームも多いのでは?…
  4. 【PR:MIZUNO】 足元を制するものが、ホームランダービーを制す!? 2017年に東京・大阪…
  5. 野球はいろいろ難しい.. ルールも複雑、役割もいろいろあったり、試合時間も長い..。そんな野球って…
ページ上部へ戻る