なんてシブいんだ!いぶし銀としてチームを支える「仕事人」プレーヤーたち

  • 2014/8/4
  • なんてシブいんだ!いぶし銀としてチームを支える「仕事人」プレーヤーたち はコメントを受け付けていません。

匠の技

猛者が揃う中で、生き残りを懸けた戦いが日々続くプロ野球。自分を活かす術を見い出し徹底的に磨いた匠の技。そのプレーを見ると、「仕事人」という単語が浮かぶ。そんな選手をまとめてみた。


川相昌弘(元巨人):世界一のバント職人

通算533犠打のバントのギネス記録保持者。
通算犠打成功率は9割りを誇り、95年には47犠打を決め、一度も失敗しなかった。
また、守備面でも遊撃手として6度のゴールデングラブ受賞の実績がある。

鈴木尚広(巨人):代走のスペシャリスト

2014年4月29日に200盗塁を達成。そのうち代走で105盗塁。盗塁成功率は.820と、安定した盗塁技術を誇る。


英智(元中日):守備のスペシャリスト

120mを超える遠投と俊足で、当時の落合監督にも絶大な信頼を得た守備のスペシャリスト。
守備のプレーでヒーローインタビューを受けたこともある。

宮本慎也(元ヤクルト):球界のキャプテン

「チームに欠かせない」という言葉がぴったりの選手。守備では、遊撃手と三塁手で最長連続無失策、三塁手シーズン最高守備率.997をそれぞれ記録し、打撃では、2000安打、400犠打を記録した唯一の選手であり、67犠打のシーズン最多記録保持者でもある。

遠山獎志(元阪神):一殺仕事人

一度は自由契約になるものの、左のワンポイントのスペシャリストとして復活。1999年には当時巨人の松井秀喜を13打数無安打に抑えるなど、「松井キラー」としてその名を知らしめた。


 

勝負を左右する重要なプレー

犠打、走塁、ワンポイントと、華々しいプレーに隠れてしまうことが多いとはいえ、どれもチームの勝利に欠かせないプレー。

自分の長所を見つけそこを集中的に徹底して磨く。その大事さを教えてくれた選手達でした!

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

2006年夏の甲子園決勝再試合。
斎藤佑樹投手に憧れ、早稲田実業硬式野球部に入部。
2年秋からマネージャー兼助監督

大学1年時から株式会社ギガスリートにインターンとしてジョイン。
草野球リーグG-LEAGUEの飛び込みグラウンド営業や、
野球特化メディアの運用・記事執筆を担当。

大学卒業後、ギガスリートに新卒入社。

現在は、ビヨンドマックス ホームラン競争 企画・動画制作も行なっています。

Twitterでは、野球に関する様々な情報・意見もつぶやいています!
https://twitter.com/my_fyutya
フォローよろしくお願いします!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 最強の少年スラッガー決定戦!! 第一回 ホームラン22本。第二回 ホームラン30本。第三回 ホーム…
  2. ストレートMAX球速も141キロ。なぜ田中投手が勝てるのか注目してみた。 2018年シーズン、東京…
  3. 今後の巨人を支えるであろう4人の若手野手 2018年。ここまで巨人の若手選手たちが台頭しつつありま…
  4. 大会参加費無料!全国47都道府県でエントリー開始 軟式野球リーグG-LEAGUEが「フリープラン2…
  5. 【問題】バッティングをしているのは誰?? ヒント1 子供の頃に憧れていた選手は巨人時…
ページ上部へ戻る