次世代スターの登竜門!フレッシュオールスターで大活躍し、飛躍を遂げた4選手

  • 2016/7/6
  • 次世代スターの登竜門!フレッシュオールスターで大活躍し、飛躍を遂げた4選手 はコメントを受け付けていません。






侍ジャパンの中心選手たちのブレイク直前

92年に新人時代にイチロー選手がホームランを放ち、ブレイクへの階段を上り始めたことは有名です。イチロー選手以外にも、フレッシュオールスターで活躍し、その後、球界を代表する選手へ成長した選手が数多くいます。

スポンサードリンク


 

中田翔

大阪桐蔭時代に高校通算87本塁打の実績を引っさげてファイターズに入団。ルーキーイヤーは木製バットへの対応に苦しみ、1軍への昇格はないままシーズン終了を迎えました。2年目になる2009年のフレッシュオールスターゲームに出場し、2安打2打点の活躍でMVPを獲得。その翌年に1軍デビューを果たし、現在は、ファイターズ、そして侍ジャパンの主軸として活躍しています。

 

今江敏晃

ルーキーイヤーの2002年は、15試合25打席打率.200に終わったものの、2年目の2003年のフレッシュオールスターゲームに出場。2点ビハインドの場面から逆転のスリーベースを放ち、MVPを獲得。背番号を25から8へ変更した2005年。9番サードで初の開幕スタメンを勝ち取るとると、リーグ優勝に貢献、日本シリーズでも8打席連続安打を記録してMVPを獲得。ベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞しました。翌年の第1回WBCでも、5試合で4打点の活躍を見せました。

スポンサードリンク


 

青木宣親

ルーキーイヤーの2004年は1軍出場は10試合の出場に留まりましたが、2軍での成績は群を抜いており、打率.372で首位打者を獲得しました。フレッシュオールスターゲームでは、5打数4安打2打点の活躍でMVPを獲得。2005年には開幕からレギュラーを勝ち取るとイチロー以来となるシーズン200安打を記録し、新人王と首位打者を同時に受賞して一躍日本を代表するプレイヤーになりました。2009年の第2回WBCでは、3番打者として12安打・打率.324の活躍でベストナインに選ばれました。

 

里崎智也

プロ入り3年目の2001年のフレッシュオールスターゲームに出場し、ホームランを放つなど3打点を挙げてMVPを獲得。その後、1軍で橋本将選手との併用されることが続きましたが、2005年のクライマックスシリーズで杉内俊哉投手、和田毅投手からホームランを放ち、勝負強さを発揮。翌年には第1回WBCでは正捕手として出場して世界一に貢献。ベストナインに選ばれるなど、一躍球界を代表するキャッチャーになりました。

 

サクセスストーリーを見逃すな!

球界を代表する選手への第一歩を目撃できるかもしれない1試合。次世代を担う若手が躍動する、フレッシュオールスターゲームに注目しましょう!

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

菊池博文信州スポーツ追っかけ隊

投稿者プロフィール

1980年11月1日生まれ
「信州スポーツ追っかけ隊」として活動。

ラジオ:FMさくだいら(76.5MHz)
「スポーツノーリミット」コメンテーター
高校野球特別番組「リミットブレイク」ナビゲーター
ライター実績:長野県野球専門誌「ninse」
長野県スポーツ専門誌「Nsports」
Jリーグ公式ファンサイト「JsGoAL」
サッカー専門新聞「エルゴラッソ」

誰が聞いても、読んでも分かりやすくスポーツを伝えたい。


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
  2. 【PR:MIZUNO】 予想&実戦検証!新ボールで試合をしてわかったこと 新軟式ボールM号が発売…
  3. 小学生〜高校生の野球人口が激減している 筆者が小学生だった頃、男子生徒のクラブ活動といえば野球かサ…
  4. 草野球プレーヤーへのヒントにも 全国3,000校以上が凌ぎを削る、高校野球の頂点を決める夏の甲子園…
  5. キューバ代表・『サントスの衝撃』マネしてみよう! 打つ直前に走り出す、通称「走り打ち」。2017年…
ページ上部へ戻る