なぜクビ宣告のわずか3年後に37歳の下柳剛が最多勝を獲得できたのか






クビ宣告のわずか3年後、37歳で最多勝

「最多勝は、座ってつかんだ」

高齢、ノーコン、クビ宣告。八方ふさがりの中、もがき苦しむベテランがたどりついたのは、潜在能力を爆発的に開花させる究極の集中状態“ゾーン”だった。

ボディ・ブレイン。それは、全身の感覚を研ぎ澄まし、身体の声に耳を傾ける究極の学び方。

スポンサードリンク

 

潜在能力を開花させるために 

前後際断

『過去や未来を断ち切り、目の前の一瞬に全力を傾けよ』

 

坐禅

『必要なことだけに専念できるようになり、驚くほど人生が変わっていく』

 

自信は成功に先立って持て

『目標とするシーンをイメージしながら、日々自分自身に語りかけろ』

 

イメージトレーニングほど過酷な練習はない

『潜在能力を引き出す奥の手を教えよう』

 

感謝にはすごい力がある

『何事も一人で抱え込むな。重い心にゾーンは訪れない』

 

見るともなく見る

『ゾーンへのスイッチを入れる、特別な視野の使い方がある』

 

最悪の場面から想像する

『プレッシャーに見舞われた際は、最善の場面ではなく、最悪を避ける場面をイメージせよ』

 

落ち込んだ気持ちを一瞬で変える心理術

『ピンチの場面を立て直す“メンタルスイッチ”を作れ』

 

身体からの声に従ってみる

『頭では知覚できない微細なきざしを身体が感じ取ることもある』

 

勝利を呼び込むのは軽やかな心

『勝利を招きよせるために必要な、軽快さとリズム』

 

プロフェッショナルとして持つべき本当のプライドがある

『練習でカッコ悪いなんてないんだよ。試合で打たれるのが一番カッコ悪いんだ』

 

異分野を上手に取り込め

『最大の敵は慣れ。好奇心とどん欲さで既成概念の向こう側にチャレンジせよ』

 

下柳流ギブ・アンド・テイクとは

『最高の結果を残すために、最高の努力を費やしているか』

 

スポンサードリンク

コミュニケーション下手でも思いは伝えろ

『人生のほとんどは共同作業。一人の力で勝てるわけはない。コミュニケーションの質は、その量によって決められる』

 

感情コントロールの裏技ーー秀太事件の真相

『大声を出すことによって、怒りの感情を一瞬で消してしまうことができる』

 

常識をうたがえ

『大切なのは決めつけないこと。アウトの取り方に正解はない』

 

気を込めろ

『かける思いの差が勝負を分ける。気を込めたボールと漠然と投げたボールには歴然とした違いがある』

 

失敗は成功よりも価値がある

『学ぶ姿勢さえあれば、失敗は一時的な成功よりも価値がある』

 

スポンサードリンク

仕事の陰には必ず人の思いが隠されている

『自分が必要とされたときは、その理由を徹底的に考えてほしい』

 

引き際は身体が教えてくれる

『「もうグラブを置け」と言う、身体からのメッセージが』

 

激情家、野武士といったイメージとは異なる素顔

師である裏千家家元や、世界有数のメンタルトレーナーからの学びをもとに、自身の頭と身体で考え抜かれた学び方。激情家、野武士といった世間のイメージとは全く異なる、下柳選手の意外すぎる素顔を知ると、すぐに引き込まれる。身体知や直感についての考え方や、潜在能力を開花させる“ゾーン”。

年齢のハンディをものともせず、どん底から最多勝を獲得した彼の言葉には深みがあります。
 

====
下柳 剛:1968年長崎県生まれ。91年福岡ダイエー入団後、日本ハムを経て、2003年に阪神タイガースに移籍。その年いきなり二けた勝利を挙げ、セ・リーグファンに衝撃を与えた。05年には37歳(史上最年長)で最多勝を獲得。12年に東北楽天へ移籍後、大リーグへのチャレンジを経て13年3月に現役引退。現在は解説者として活躍中。

 

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
G-TIMES編集長

G-TIMES編集長総合編集長

投稿者プロフィール

野球に関する様々な情報・意見を発信するサイトG-TIMESの編集長です。


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 驚愕の柵越え66発!ギガキングで場外アーチ連発! 今回で3回目の開催となったMIZUNO×G-LE…
  2. お待たせしました大阪のスラッガーの皆さん! 先日66本のアーチが飛び出した第3回 MIZUNO×G…
  3. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
  4. 【PR:MIZUNO】 予想&実戦検証!新ボールで試合をしてわかったこと 新軟式ボールM号が発売…
  5. 小学生〜高校生の野球人口が激減している 筆者が小学生だった頃、男子生徒のクラブ活動といえば野球かサ…
ページ上部へ戻る