「見せましょう、野球の底力を」心に響く野球選手・監督の宣言集






「見せましょう、野球の底力を」

2011年4月2日、東日本大震災復興支援試合での楽天・嶋選手のスピーチは、多くの人の心を揺さぶった。スピーチを行う前に日本野球機構よりスピーチの内容を受け取っていたが『被災地、頑張れ』という内容であり、他人の目線であった。被災地の球団として自分たちの思いを伝えたい、と内容を自分の言葉に変えてスピーチを行った。

スポンサードリンク

 

多くの人の心に残る言葉たち

「私は、今日、引退をいたしますが、我が巨人軍は永久に不滅です」
長嶋茂雄

 

「巨人軍の監督と国民栄誉賞のどちらをとるかと言われたら、それは巨人軍の監督ですよ」
王貞治

 

「理想だけれど、ストライクゾーンにくるボールはすべてホームランにしたい」
松井秀喜

 

「そんなもん貰たら、立ちしょんべんでけへんようになるやろ」
福本豊

スポンサードリンク

 

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」
野村克也

 

「タイガースのユニホームのタテジマをヨコにしてでもきてほしい」
吉田義男

 

「ファンの皆さま本当に日本一、おめでとうございます」
若松勉

 

「ジーンズが似合わなくなるのが嫌だから、下半身は鍛えたくない」
新庄剛志

 

「今日で自信が確信に変わりました」
松坂大輔

 

「野球人生最大の屈辱を味わって最低の酒を飲んだ。でも、最後に最高の酒を飲んだ」
イチロー

 

「人の数字を目指している時は、限界より手前を目指している可能性がありますけど、自分の数字を目指すのは、常に限界への挑戦ですから」
イチロー

 

「浪人時代という挫折があったから、今のボクがあるのです」
上原浩治

 

「これ以上、肩に鍼を打ったら、もう投げられなくなる」
江川卓

 

「お前たちが付けている背番号は、すべて近鉄バファローズの永久欠番」
梨田昌孝

 

「1000回の素振りより、すぐれたプレーを見るのが向上の近道」
古田敦也

スポンサードリンク

 

「不可能の反対語は可能ではない。挑戦だ」
ジャッキー・ロビンソン

 

「努力は必ず報われる。もし、報われない努力があるのなら、それはまだ努力とは呼べない」
王貞治

あなたの心に響く宣言はどんな言葉ですか??





記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
G-TIMES編集長

G-TIMES編集長総合編集長

投稿者プロフィール

野球に関する様々な情報・意見を発信するサイトG-TIMESの編集長です。


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今後の巨人を支えるであろう4人の若手野手 2018年。ここまで巨人の若手選手たちが台頭しつつありま…
  2. 大会参加費無料!全国47都道府県でエントリー開始 軟式野球リーグG-LEAGUEが「フリープラン2…
  3. 【問題】バッティングをしているのは誰?? ヒント1 子供の頃に憧れていた選手は巨人時…
  4. 【PR:MIZUNO】 野球シーズン真っ盛り! ユニフォームの新調をするチームも多いのでは?…
  5. 【PR:MIZUNO】 足元を制するものが、ホームランダービーを制す!? 2017年に東京・大阪…
ページ上部へ戻る