青春をさらに熱くする言葉たち!甲子園での名言






戦前の昔から日本人を熱狂させてきた甲子園

そこでは数々の名選手・名監督たちが壮絶な闘いを繰り広げ、心に残るプレーを生み出してきた。その舞台裏で彼らが残した「言葉」に照点を当てた。青春、人生を白球に賭けた男たちの煌きは、言葉となって心を震わせる。

スポンサードリンク

「自分はどこまでもプレートを死守するのだ」
嶋清一(海草中)

 

「僕の高校三年間は、あのバックホームの為にあったと言っても過言ではありません」
矢野勝嗣(松山商)

 

「ここから逆転勝利するような試合が〝名勝負〟として語り継がれるんだ。さあ、逆転して名勝負にしよう」
荒木準也(日大山形監督)

 

スポンサードリンク

「ツキと力のミックスされたものが、すべて勝負を左右する」
矢野祐弘(西条高監督)

 

「ルールの範囲内で考えて、ちょっとでも勝つ確率があれば、それをやるのが生徒に対する監督の仕事でしょうが」
馬淵史郎(明徳義塾監督)

 

「甲子園は清原の為にあるのか!?」
植草貞夫(朝日放送アナウンサー)

 

スポンサードリンク

あなたにとって忘れられない甲子園での名言は何でしょうか?






記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
G-TIMES編集長

G-TIMES編集長総合編集長

投稿者プロフィール

野球に関する様々な情報・意見を発信するサイトG-TIMESの編集長です。


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今後の巨人を支えるであろう4人の若手野手 2018年。ここまで巨人の若手選手たちが台頭しつつありま…
  2. 大会参加費無料!全国47都道府県でエントリー開始 軟式野球リーグG-LEAGUEが「フリープラン2…
  3. 【問題】バッティングをしているのは誰?? ヒント1 子供の頃に憧れていた選手は巨人時…
  4. 【PR:MIZUNO】 野球シーズン真っ盛り! ユニフォームの新調をするチームも多いのでは?…
  5. 【PR:MIZUNO】 足元を制するものが、ホームランダービーを制す!? 2017年に東京・大阪…
ページ上部へ戻る