週末の試合の疲れを翌日に残さないために!草野球人のための簡単身体セルフケア術

  • 2016/8/22
  • 週末の試合の疲れを翌日に残さないために!草野球人のための簡単身体セルフケア術 はコメントを受け付けていません。

簡単にできる3つの方法ご紹介!

週末の楽しみ草野球。張り切ってプレーして、翌日に筋肉痛や疲労感が残ってしまうなんてことはよくあると思います。今回は、週末に思い切ってプレーしても、翌日に疲労感を残さず、次の週もフルパワーで仕事に挑むための、身体のケア術を3つご紹介します。

スポンサードリンク


 

① 冷水と湯船を交互に

アイシングの進化版とでもいいましょうか。翌日の疲れを残さないためにその時に冷水と湯船をうまく使いましょう。冷たいシャワーを腕や肩、足など疲労がたまりやすい部分に当てます。

次に、お湯が溜まった湯船につかりましょう。

このように、「冷水にあたる・湯船につかる」を交互に3セットほど繰り返します。

冷却時の血管収縮、温熱時の拡張を繰り返すことで血流循環がとてもよくなり疲労物質などの蓄積が確実に翌日違います。さらに発展系としては水風呂とサウナの組み合わせは効果が上がります。

近所にスーパー銭湯などある方はぜひ実践してみて下さい。

 

② あえてインナーマッスルを刺激する

スローイングに微細な断裂を繰り返すインナーマッスル。トレーニングや試合前の準備運動で行っている方は多いと思いますが、試合後にもゴムチューブでの軽い運動を行い、刺激をして血流を良くしましょう。

30秒かけて10回ほど、これを3セットやってみましょう。あくまで軽めの運動として、十分に体が温まった状態でゆっくりした動作でやることが重要です。

スポンサードリンク


 

③試合後の楽しみ「お酒」もほどほどに

チームのみんなで居酒屋で打ち上げ「飲み会」、家で晩酌。運動後はお酒を飲みたくなるかと思いますが、お酒はなるべくほどほどに。

実は運動後のアルコールは筋肉痛を麻痺させ、回復を遅延させてしまいます。試合後の楽しみを味わいつつ、アルコールは最小限をおすすめします。深酒は禁物です。

 

少しの時間で差がつくセルフケア

セルフケアと言ってもなかなかグラウンドの都合、そのあとの予定といった具合にうまくできないことが多々あります。次の日に疲れを残さず仕事に励むためにも、少しの時間で差がつくセルフケアを試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
加藤隆之

加藤隆之神楽坂ウナギ整骨院院長・ブロガー

投稿者プロフィール

東京の神楽坂で整骨院を経営するブロガー・柔道整復師。
開業以来1400日連続更新中のブログ『ウナホネくん日記』で
絶え間なく情報発信に力を入れている。

フランス語を流暢(?)に操り、筋トレをこよなく愛する治療家でもある。
www.unahone.net/diary
歪んだ背骨を整える矯正治療を得意とする。


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 盗塁論に迫る プロ通算228盗塁、史上トップの盗塁成功率を誇る鈴木尚広氏(元巨人)。その走塁のスペ…
  2. 勝負の世界で活躍した父を持つ、妹思いの心優しき兄 福岡ソフトバンクホークスの2016年ドラフト2位…
  3. 近鉄監督就任2年で6位→優勝へ 梨田采配の何がスゴイの? 近鉄、日ハム、そして楽天。2017年も優…
  4. 赤カップ・ライナーバックの青グラブのあの選手は外せない! 2017年シーズン、楽天の則本昂大投手が…
  5. 松井野球教室
    松井秀喜さんから直接指導! 6月25日(日)に、読売ジャイアンツ球場で、松井55ベースボールファウ…
ページ上部へ戻る