もしあの時あの選手がメジャー挑戦していたら?メジャー行きの話があった選手たちで”もしも”を考えてみた

  • 2016/11/27
  • もしあの時あの選手がメジャー挑戦していたら?メジャー行きの話があった選手たちで”もしも”を考えてみた はコメントを受け付けていません。

ミスター、大野、野村謙二郎… 球界は大きく変わっていた?!

「メジャー挑戦」が日本人選手の選択肢に上がるようになった現在。2016年の日本人メジャーリーガーは16人。今後も増えていくでしょう。しかし、「メジャー挑戦」という言葉が定着する前から、実はメジャー行きの可能性を秘めていた選手はいました。

スポンサードリンク


今回は、具体的な話にも上がり、メジャー行きの可能性のあった選手、もしその選手がメジャーに行っていたらどうなっていたか?考えていきたいと思います。

 

大野豊

1993年、カープで活躍していた大野投手に、カリフォルニア・エンゼルスから正式なオファーが届きました。

  • 年俸100万ドル
  • 専従通訳と住宅付き
  • 1年間のレンタル契約
  • 代わりの外国人選手を広島に一人紹介する

という破格の内容から、評価の高さがうかがえます。しかし、大野選手はこのシーズンで38歳、年齢を理由にこれを断り、話は流れました。

メジャーリーグに挑戦する日本人選手はいても、メジャー球団から日本の現役選手に誘いが掛かることは当時は異例でした。現在、高い評価を受けている日本人投手。もしも大野投手がここでメジャー挑戦し、活躍を収めていたら、当時の若手投手も注目され、多くの日本人投手のメジャー挑戦は早まっていたかもしれません。

スポンサードリンク

山本和行

1971年ドラフト1位で阪神に入団したサウスポー。フォークボールを武器にリリーフとして活躍しました。1984年阪神がハワイでキャンプを行った際に、メジャー関係者から声をかけられ、挑戦を決意します。ドジャースに移籍も決まり、住む家も背番号も決まっていたが、当時FA制度はなく保有権の問題で引っかかり、断念することになりました。

当時は「メジャー挑戦」という発想も薄かった時代、契約周りでのトラブルは他でもあったようです。この時、メジャー球団に声をかけられ、移籍という事例ができていたら、スター選手だけでなく、メジャーへの志を持ち、実力を認められた選手にはメジャーの挑戦権を手にすることができるという時代が、30年以上前から来ていたでしょう。

スポンサードリンク

次ページ:>>国民的大スターも?!

ページ:

1

2
記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【PR:MIZUNO】 ホームランアーティスト最大の敵「風」をものともせずGIGAKINGで25発…
  2. 【PR:MIZUNO】 柵越え66発!「スピンをかける」軟式野球のホームランの打ち方が変わる! …
  3. 驚愕の柵越え66発!ギガキングで場外アーチ連発! 今回で3回目の開催となったMIZUNO×G-LE…
  4. お待たせしました大阪のスラッガーの皆さん! 先日66本のアーチが飛び出した第3回 MIZUNO×G…
  5. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
ページ上部へ戻る