これからは野球カバンではなくリュックをオススメする3つの理由






これからは野球リュックの時代?!

全国の野球人の皆さま、そろそろシーズンも終わり、来年に向けて一休みというところでしょうか。シーズンオフ中は、来年の準備のために、道具を買い替えたりする機会があるかと思います。
そこで今回は、「野球カバンではなく、これからは野球リュックの時代だ」ということで、普段からリュックを使っている筆者が野球にリュックをおすすめする理由を、おすすめのリュックとともに紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

筆者が野球リュックをオススメする理由

(1)両肩に均等に負担がかかり、体のバランスがキープできる

野球カバンにはユニフォームからスパイク、グラブ、水筒など、ありとあらゆるものが詰め込まれています。それを斜めがけバッグのように肩にかけると、少し歩いただけでかなり疲労がたまります。しかし、リュックならそんなことはありません。両肩にかけることで、負担が半減するので、疲れもたまりにくいです。成長期の高校生や中学生にも、体のバランスを保つために是非おすすめです。

(2)自転車・バイクなどでも移動しやすい

野球の試合に行くとき、車での移動だけではなく、自転車や、バイクで現地まで行くこともあるかと思います。そのとき、あのでかいでかい野球カバンだとかなり移動がしずらいです。自転車のカゴに乗せる場合などもあるかと思いますが、ふとしたときにバランスを崩しやすく、たいへん危険です。野球リュックの場合、自転車や原付はもちろん、今流行のレース用のロードバイクや、大きめのオートバイに乗られている方でも野球場に気軽に足を運ぶことができます。

(3)野球をしない日以外もつかえる?

野球カバン必要以上に大きい物が多く、あまりファッショナブルではありません。しかし、野球用のリュックの場合、野球の時以外にも、登山やアウトドアでのキャンプやBBQにも気軽に使うことができるシンプルなデザインが多いです。野球以外のイベントの多いお父さんなどにはとてもおすすめです。

スポンサードリンク

 

筆者おすすめの野球バッグ

アディダスプロフェッショナル エナメル バックパック

こちらは現在私が使っている野球リュックです。コンパクトに見えますが、下部のファスナーを広げることでスパイクを入れる部分を拡張でき、グラブ、ユニフォーム、スパイクなどすべてをコンパクトに詰めることができます。サイドにはボトルホルダーもあるので、飲料水などもすべて詰め込むことができます。

 

デサントリュック

以前使っていた、野球リュックです。デザインはかなり野球に特化していますが、その分スペースが広く、ユニフォーム・スパイクに加え、グラブも2つほど入れることができます。普段使いにはすこし厳しいかもしれませんが、使用頻度の多い学生や高校球児などにはおすすめのリュックだと思います。

スポンサードリンク

 

プロ野球や強豪校ではリュックが主流?

現在プロ野球や甲子園に出るような強豪高校の間では身体への負担もあり、野球カバンではなく、野球リュックが主流になっています。東北楽天ゴールデンイーグルスの選手や巨人の投手陣たちもリュックを使っています。来シーズンを控えた野球人の皆さま、これを機に購入を検討してみてはいかがでしょうか。





記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Y.Ando

Y.Andoライター

投稿者プロフィール

野球(?)歴13年(ソフトボール4年,軟式野球3年,硬式野球3年,準硬式野球3年)
アマチュアからプロ野球、MLBの情報を中心に皆さまにお届けしていきます!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【PR:MIZUNO】 ホームランアーティスト最大の敵「風」をものともせずGIGAKINGで25発…
  2. 【PR:MIZUNO】 柵越え66発!「スピンをかける」軟式野球のホームランの打ち方が変わる! …
  3. 驚愕の柵越え66発!ギガキングで場外アーチ連発! 今回で3回目の開催となったMIZUNO×G-LE…
  4. お待たせしました大阪のスラッガーの皆さん! 先日66本のアーチが飛び出した第3回 MIZUNO×G…
  5. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
ページ上部へ戻る