甲子園を沸かせた剛腕はどうしてる?!伊藤拓郎と北方悠誠の歩んだ道を追ってみた

独立リーグで再起を誓う

伊藤拓郎

戦力外を経験し、トライアウトでも声がかかることのなかった伊藤選手ですが、そんな時に声をかけたのは元チームメイトのアレックス・ラミレス(現DeNA監督)でした。

当時、BCリーグ、群馬ダイヤモンドペカザスのシニアディレクターを務めていたラミレス氏が

絶対に戻れるからまた頑張ろう。

と声をかけ、入団。

スポンサードリンク


当初はNPB復帰への足掛かりと考えていましたが、最近ではとりあえず群馬で優勝。たいう考えになり、トライアウトを受けることよりも第一に優勝、それがトライアウトへの調整にもなると考えているそうです。
昨年、12月から参加したウィンターリーグで手応えをつかみ、一時球速は146キロまで回復。

今はただ148キロを超えたい。

当時を自分のベストと語る伊藤選手。その当時の自分を超えるための伊藤選手の挑戦は続きます。

 

北方悠誠

ソフトバンク退団後はBCリーグ群馬ダイヤモンドペカサスに入団しましたが、元々の制球難が治らず、投球回9.2回に対し17四死球で退団となってしまいました。

その後は、愛媛マンダリンパイレーツのテストを受け、合格。8月の上旬に行われたホークス三軍との試合で登板し、一回を1安打無失点。課題の四死球もなく本人も納得の再出発となりました。リーグ戦では球速も150キロをマークしています。

そんな北方選手が目指すのはNPBへの復帰のみ。全体的な制球と変化球の精度を課題に掲げる北方選手。一時は158キロも出した素材。最大の課題となっている制球難を克服した時、北方選手がNPBのマウンドで輝いているかもしれません。

スポンサードリンク

もう1度NPBで輝けるか

1度は挫折を味わったプロの舞台。伊藤選手はプロへ入った時よりも球速はだいぶ戻ってきており、本人の目標とする150キロを超えた時、古巣であり元チームメイトのラミレス氏が監督を務める横浜DeNAベイスターズなどを中心にNPBから声がかかる可能性もあるでしょう。まだまだ歳も若く、怪我さえしなければ150キロまで成長するのは大いに考えられます。

北方選手はスピードなら今すぐ、NPBの中継ぎで活躍出来るレベル。課題とされている制球次第となってきます。完全に改善と難しい上に、本来の持ち味であるスピードを失ってしまいそうなので、少し荒れ球くらいが1番北方選手には合っているかもしれません。

いずれにせよ、大きな可能性を秘めているには違いない選手。彼らが再びNPBの舞台で活躍するのを多くのファンが待っています!

スポンサードリンク

固定ページ:
1

2

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楡井直道

投稿者プロフィール

現都内大学三年生

プロ野球、プロボクシングの大ファン

最近はメジャーリーグも勉強中

スポーツライター目指してます。

野球に興味ある無しに関わらず、読みやすい!面白い!と思ってもらえるような文章書けるように頑張ります!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「コンディショニング科学」の観点から研究した結果、体重とスイング速度の関係よりも、除脂肪体重とスイ…
  2. ※書籍「超える技術」からの一部転載です 私が野球を始めたのは8歳からで、小学3年生の時である…
  3. 十六歳で野球で渡米しメジャーリーグを目指してアメリカ各地を転々としていたというサバイバル生…
  4. 本記事はSpotunityコラムからの転載です エリートのスポーツだった日本の野球 日…
  5. 本記事はSpotunityコラムからの転載です  地球儀を回してみると、赤道面より北に地理緯…
ページ上部へ戻る