「最も速い」といわれた120km/h!?ミットいらずの「遅球王」星野伸之

  • 2014/8/19
  • 「最も速い」といわれた120km/h!?ミットいらずの「遅球王」星野伸之 はコメントを受け付けていません。






遅く、そして速い

150キロを超える豪速球。パワフルなフルスイング。派手なプレーに目が行きがちなプロの世界。そんなプロの世界で、キャッチャーに素手でとられてしまうほどの「遅い球」で打者を翻弄した投手がいました。阪急ブレーブスやオリックス・ブルーウェーブなどで活躍した星野伸之投手です。

スポンサードリンク

どんな投手?

  • 入団当初は身長183cmに対し、体重60kg台と野球選手らしくない非常に華奢であった。
  • 当時パ・リーグの西崎幸広・阿波野秀幸・渡辺久信らと共にトレンディ・エースと呼ばれた。
  • 「星の王子様」という愛称が付けられた。
  • 最速130キロのストレート、80キロ台の超スローカーブと110キロ台のフォークが持ち球。
  • 通算176勝・歴代20位の2041奪三振
  • 1年目から一軍のマウンドに上がり、3年目の1987年から11年連続二桁勝利をマーク。
  • 細身な体格ながら、スタミナがあり、リーグトップの完封数を2度マークした。

なぜMAX130キロのストレートが打たれなかったのか?

独特なテイクバックとしなやかな腕の振りから繰り出す、130キロながらもノビのあるストレートと80キロ台のスローカーブ、110キロ台のフォークの抜群の緩急とコントロールで打者を翻弄しました。特にスローカーブは、打者の目線から低めへと変化する大きな落差を誇っていました。その40キロを超えるストレートと変化球の球速差から、ストレートを早く見せる投球術はピカイチでした。

当時の強打者たちのコメント

「(当時日本最速の158km/hを記録した)伊良部より星野さんのほうが速いと思う」
初芝清

 

「星野さんのストレートが1番打ちにくい」
清原和博

他にも梨田昌孝監督も最もストレートが速かった投手に星野投手の名前を挙げています

スポンサードリンク

「遅球王」ゆえの珍エピソード

  • すっぽ抜けのスローカーブを当時キャッチャーの中嶋聡捕手に素手で捕球される。
  • 晩年の落合博満選手に三盗を許す。
  • マリナーズの春季キャンプで「ふざけるな、もっと真剣に投げろ」と言われる。
  • 奥さんに「あんな遅い球、私でも打てる」と言われたことがある。
  • 試合が長引くので、本人はあまりスローカーブを投げたくなかったと証言


スポンサードリンク

野球の試合はスピードガンコンテストではない

「小学生でもプロ野球選手を打取る事ができる可能性がある。」

という「遅い球」に自分の勝負の道を見出した星野伸之投手。
プロらしからぬスピードで、プロの打者を打ち取る。150キロを超える豪速球で打者を打ち取るばかりが野球ではないことを証明してくれたロマン溢れる投手でした!

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

2006年夏の甲子園決勝再試合。
斎藤佑樹投手に憧れ、早稲田実業硬式野球部に入部。
2年秋からマネージャー兼助監督

大学1年時から株式会社ギガスリートにインターンとしてジョイン。
草野球リーグG-LEAGUEの飛び込みグラウンド営業や、
野球特化メディアの運用・記事執筆を担当。

大学卒業後、ギガスリートに新卒入社。

現在は、ビヨンドマックス ホームラン競争 企画・動画制作も行なっています。

Twitterでは、野球に関する様々な情報・意見もつぶやいています!
https://twitter.com/my_fyutya
フォローよろしくお願いします!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 最強の少年スラッガー決定戦!! 第一回 ホームラン22本。第二回 ホームラン30本。第三回 ホーム…
  2. ストレートMAX球速も141キロ。なぜ田中投手が勝てるのか注目してみた。 2018年シーズン、東京…
  3. 今後の巨人を支えるであろう4人の若手野手 2018年。ここまで巨人の若手選手たちが台頭しつつありま…
  4. 大会参加費無料!全国47都道府県でエントリー開始 軟式野球リーグG-LEAGUEが「フリープラン2…
  5. 【問題】バッティングをしているのは誰?? ヒント1 子供の頃に憧れていた選手は巨人時…
ページ上部へ戻る