カテゴリー:高校野球

  • 【思わず「..ん..?んん??」となる】『野球を知らない人』あるある!

    野球はいろいろ難しい.. ルールも複雑、役割もいろいろあったり、試合時間も長い..。そんな野球って、実は知らない人から見たら結構特殊なスポーツかもしれません。そんな『野球を知らない人』のあるあるを集めてみました! …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 球児たちは「坊主にする理由」をテーマに議論し『考える選手』を目指せ

    あなたは「野球部の坊主」に対し、どのような意見を持っていますか? 「野球界をよりよくしていくために」という議論の際に、必ず出てくる「野球部は坊主であるべきか?」という問い。 「坊主にするくらいの覚悟がないやつ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【大谷二世】高校入学後後球速17キロアップ!怪物一年生 花巻東 西館勇陽

    佐々木監督も絶賛する最速140キロ右腕!センバツに期待 大谷翔平投手のエンゼルス移籍の話題で賑わう日本野球界。早くも、「大谷翔平二世」と呼べる注目の球児、しかも1年生右腕がいることをご存知でしょうか。花巻東 西館勇陽(…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 文武両道の高校から学ぶ「勝利を掴み取る効率練習方法」

    草野球プレーヤーへのヒントにも 全国3,000校以上が凌ぎを削る、高校野球の頂点を決める夏の甲子園。多くの出場校の部員たちは、野球以外に目もくれず、一心不乱に打ち込んでいます。 そんなスポーツエリート達の中で、勉…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【高校軟式】「延長50回」球史に残る延長戦を繰り広げた軟式野球強豪校のセオリーとは

    現地観戦で感じた軟式野球の戦法 2014年8月、第59回全国高等学校軟式野球選手権大会の決勝の舞台で激突した、中京(岐阜)と崇徳(広島)。試合は双方無得点のまま進み、なんと3日間で延長50回という死闘になりました。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「122対0」

    過去最高得点差!? 現在高校野球では地方予選において神奈川を除いて決勝以外はコールドゲーム規定というルールが存在する。5回で10点差以上、7回で7点差以上つくと試合終了とするというものである。しかし、この規定は2000…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 平均130キロ台で打者を封じる強豪校のエース〜球速とコントロール、エースに求められる条件とは

    技術の発達・打撃の向上で、高校野球のエース像に変化が? 2017年のセンバツ高校野球。数多の強豪校を押しのけて決勝に駒を進めたのは押しも押されぬ大阪の強豪同士、大阪桐蔭と履正社でした。全国屈指の選手たちが集まる名門2校…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 甲子園の常連校からプロの主役へ〜智弁和歌山・日大三高出身選手たちに注目!

    「プロでは大成しない」とは言わせない! 先輩たちを超える活躍を見せる両校の選手たち 2000年に3番武内選手(現ヤクルト)、4番池辺選手らを擁した強力打線が史上初の1大会3桁安打(100安打)を達成し、圧倒的な強さで…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017年の春季関東大会は一味違う!?超高校級の注目対決をピックアップ!

    「強打者」清宮&万波&増田&金成 vs 「好投手」桜井&及川&清水 春季地区大会は、秋の大会と違い、甲子園出場に関係する大会ではなく、秋の大会や春のセンバツ程、注目される事が多くはない印象です。 しかし、2017…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 初の世界一へ!高校生侍ジャパン スタメン・投手陣を考えてみた

    本気の選考で清宮・安田・金成の夢のクリーンナップが見れるか 第4回WBCでは無敗で準決勝に乗り込んだ侍ジャパンでしたが、優勝したアメリカに1-2と惜敗し、世界一奪還はなりませんでした。しかし、2017年は世界一を狙うも…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 今後の巨人を支えるであろう4人の若手野手 2018年。ここまで巨人の若手選手たちが台頭しつつありま…
  2. 大会参加費無料!全国47都道府県でエントリー開始 軟式野球リーグG-LEAGUEが「フリープラン2…
  3. 【問題】バッティングをしているのは誰?? ヒント1 子供の頃に憧れていた選手は巨人時…
  4. 【PR:MIZUNO】 野球シーズン真っ盛り! ユニフォームの新調をするチームも多いのでは?…
  5. 【PR:MIZUNO】 足元を制するものが、ホームランダービーを制す!? 2017年に東京・大阪…
ページ上部へ戻る