「サウスポー」「ブルペン」なぜそう呼ぶか知ってますか??野球英語の由来

野球用語は英語でいっぱい?

サウスポー、スラッガー、ブルペン…

何となく使っている野球用語。よくよく考えると、「どういう意味なんだろう?」と思ったことはありませんか?長い歴史の中で、野球の本場アメリカで名付けられた野球用語たち。今回は普段何気なく使っているそんな野球用語の意味や由来を調べてみました!


ショート(ショート・ストップ)

19世紀の野球では、ファースト、セカンド、サードの他に、ピッチャー横付近で守る選手がいたと言われています。この選手が短いバウンドをする打球を止めるということで「short stop」と名付けられたそうです。

ブルペン

「bullpen」は直訳すると「雄牛の囲い」です。二つの説があり、一つはマウンドに向かう前にこの場所で投球練習をするピッチャーを、闘牛が闘牛場へ行く前の控えの囲いに見立てたという説。もうひとつは、「Bull Durham」というタバコ会社の看板がよく投球練習上のフェンスに立てられていたためという説です。

サウスポー

英語でsouthは「南」、pawは「動物の前足」という意味です。野球場は午後の日差しが観戦の妨げにならないような方向で設計されています。そのため、一般的に左腕投手は南側の手で投球することとなりこのように呼ばれたと言われています。また、アメリカ南部に左腕投手が多かったためこのように呼ばれたという説もあります。


スラッガー

英語でslugは「強く叩く」という意味です。ボールを強く叩き、遠くに飛ばすことの出来る強打者をこのように呼びます。

テキサスヒット

野手と野手の間に落ちるいわゆる『ぽてんヒット』のことをテキサスヒットと言いますが、昔、テキサス・リーグ出身の選手が内野と外野の間にポトリと落ちるヒットをよく打っていたそうです。このことから、「texas leaguers hit」と呼ばれ、このことからテキサスヒットと言われるようになったと言われています。

スッキリ!?

あーなるほど!とスッキリした用語はありましたか?また、他にも用語の意味や由来に関する豆知識があれば教えてください!


記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

2006年夏の甲子園決勝再試合。
斎藤佑樹投手に憧れ、早稲田実業硬式野球部に入部。
2年秋からマネージャー兼助監督

大学1年時から株式会社ギガスリートにインターンとしてジョイン。
草野球リーグG-LEAGUEの飛び込みグラウンド営業や、
野球特化メディアの運用・記事執筆を担当。

大学卒業後、ギガスリートに新卒入社。

現在は、ビヨンドマックス ホームラン競争 企画・動画制作も行なっています。

Twitterでは、野球に関する様々な情報・意見もつぶやいています!
https://twitter.com/my_fyutya
フォローよろしくお願いします!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. みなさんは普段、どのように野球の情報を仕入れていますか? 野球に関する様々な意見を発信しているG-T…
  2. 2019/3/7

    「122対0」
    過去最高得点差!? 現在高校野球では地方予選において神奈川を除いて決勝以外はコールドゲーム規定という…
  3. プレッシャーに向き合った等身大のヒーロー 高校3年生の原選手はドラフト直前にプロ入りを拒否し大学進学…
  4. 最強の少年スラッガー決定戦!! 第一回 ホームラン22本。第二回 ホームラン30本。第三回 ホーム…
  5. ストレートMAX球速も141キロ。なぜ田中投手が勝てるのか注目してみた。 2018年シーズン、東京…
ページ上部へ戻る