高校卒業したての『野手』はどのくらい活躍できるのか!?高卒1年目の野手の奮闘。

  • 2014/8/12
  • 高校卒業したての『野手』はどのくらい活躍できるのか!?高卒1年目の野手の奮闘。 はコメントを受け付けていません。

3割30本、ゴールデングラブ、開幕マスク!?

2014年、甲子園通算5本・春夏連覇キャッチャーの、西武・森友哉が一軍デビューを果たしました。7月30日に途中出場すると、プロ入り初打席初安打を記録。その後はスタメンマスクも経験するなど、今後の活躍が期待されます。高卒1年目、まだ18歳の森。これまで、松坂大輔や田中将大、藤浪晋太郎など高卒1年目で活躍した投手は何人か名前が挙がるでしょう。しかし、高卒1年目で活躍した野手はどのくらいいるのでしょうか。


 

榎本喜八

(毎日オリオンズ)1955年

開幕戦に5番打者としてデビューすると、6月以降は3番に定着。新人にして「安打製造機」と呼ばれるほど、安定した打撃を見せる選手であり、打率.298 146安打 16本塁打をマークするなど、打率・本塁打・打点・出塁率の部門でトップ10入りを果たす。当時の新人記録をことごとく塗り替える活躍で、新人王に輝いた。

 

豊田泰光

(西鉄ライオンズ)1953年

開幕2戦目からショートのポジションでスタメン出場。115試合に出場し、27本塁打・25盗塁をマークし、新人王を獲得する。27本塁打はこの年のリーグ2位、そして当時の新人記録であった。
 

立浪和義

(中日ドラゴンズ)1988年

PL学園の主将として春夏連覇を果たした翌年、「2番ショート」として開幕スタメンデビュー。高卒新人の開幕戦出場は当時22年ぶり、10人目の快挙だった。110試合に出場し、22盗塁 21犠打をマークし、チームのリーグ優勝に貢献し、新人王を獲得。さらに、高卒新人としては初めてゴールデングラブ賞を受賞した。


 

清原和博

(西武ライオンズ)1986年

KKコンビで甲子園を、そして日本列島を沸かせた後も、清原の活躍は続いた。開幕2戦目で途中出場すると、第2打席で初安打初ホームラン。その後スタメンに定着すると、打率.301 31本塁打 78打点と、いずれも高卒新人最多となる数字を残し、新人王を獲得。その年の巨人の日本シリーズでは全試合に4番でフル出場し、西武の日本一に大きく貢献した。

 

野手で1年目から 活躍するのは至難の業

他にも、史上初の新人開幕スタメンマスクの炭谷銀次朗や、5打席連続敬遠の翌年プロデビューし、11本塁打をマークした松井秀喜、二刀流1年目投手に重点を置いて77試合出場した大谷翔平などがいます。しかし、やはり新人からレギュラー定着し、その上に結果を残すというのはかなりの離れ業のようです。


それでも清原を超える10代野手が現れることに期待したいですね!

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

2006年夏の甲子園決勝再試合。
斎藤佑樹投手に憧れ、早稲田実業硬式野球部に入部。
2年秋からマネージャー兼助監督

大学1年時から株式会社ギガスリートにインターンとしてジョイン。
草野球リーグG-LEAGUEの飛び込みグラウンド営業や、
野球特化メディアの運用・記事執筆を担当。

大学卒業後、ギガスリートに新卒入社。

現在は、ビヨンドマックス ホームラン競争 企画・動画制作も行なっています。

Twitterでは、野球に関する様々な情報・意見もつぶやいています!
https://twitter.com/my_fyutya
フォローよろしくお願いします!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今後の巨人を支えるであろう4人の若手野手 2018年。ここまで巨人の若手選手たちが台頭しつつありま…
  2. 大会参加費無料!全国47都道府県でエントリー開始 軟式野球リーグG-LEAGUEが「フリープラン2…
  3. 【問題】バッティングをしているのは誰?? ヒント1 子供の頃に憧れていた選手は巨人時…
  4. 【PR:MIZUNO】 野球シーズン真っ盛り! ユニフォームの新調をするチームも多いのでは?…
  5. 【PR:MIZUNO】 足元を制するものが、ホームランダービーを制す!? 2017年に東京・大阪…
ページ上部へ戻る