【センバツ注目】打高投低に”待った”!スラッガー封じに名乗りをあげる5投手!

  • 2017/2/5
  • 【センバツ注目】打高投低に”待った”!スラッガー封じに名乗りをあげる5投手! はコメントを受け付けていません。

金久保優人:東海大市原望洋

プロ入りした先輩エースに隠れた逸材!最速140キロ超の縦に落ちるスライダー

スポンサードリンク


「ザ・本格派」この投手にはこの聞いたこともないであろうこのフレーズがこの選手には似合いそうです。

普通は、一学年上の最速153キロ右腕 島孝明選手の陰に隠れてしまうはず。しかし、この金久保選手は2年春に、怪我明けの島選手の代わりに主戦格として、千葉大会を勝ち抜きます。

準々決勝では強豪 木更津総合を相手に8回4安打1失点の好投を披露。さらに、夏の県大会では、2回戦でノーヒットノーラン、準々決勝では146キロを叩き出しました。この146キロ計測で、注目を集め出した金久保選手。素材は本物です。

スポンサードリンク


島選手を”速球派”とするならば、金久保選手は”本格派”と言うのでしょうか。

金久保選手は、縦のスライダーを武器とするの吉田凌選手(東海大相模ーオリックス)タイプ。直球を見せて、縦のスライダーで勝負できるピッチャーです。また、ゲームメーク能力も非常に高い選手です。千葉大会で先発した試合は全て1失点以内、関東大会でも3試合で7失点と、安定感も抜群です。

最速147キロの直球をより活かすのは、縦のスライダーのキレを上げること。センバツのためにではなく、夏に照準を合わせて、レベルアップしていければ、”負けない投手”になっていけるでしょう。

スポンサードリンク

次ページ:>>名門を次々撃破!観察力が優れたクレバーな本格右腕

ページ:
1 2 3

4

5
記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 野球はいろいろ難しい.. ルールも複雑、役割もいろいろあったり、試合時間も長い..。そんな野球って…
  2. 初めての動画制作にもチャレンジ! サンフランシスコ短大在学中、日本に帰国して過ごす夏季休暇を利用し…
  3. [PR:MIZUNO] 選ぶ時間帯は夕方から夜! 打撃・走塁どちらを重視するかも選ぶ基準に! …
  4. メディア運用&コンテンツ制作で活躍した粂井さん サンフランシスコ短大在学中、日本に帰国して過ごす夏…
  5. 2017年6月 松井秀喜さん野球教室取材 G-TIMESでは、野球に関するオピニオン(意見)記事だ…
ページ上部へ戻る