【センバツ注目】打高投低に”待った”!スラッガー封じに名乗りをあげる5投手!

  • 2017/2/5
  • 【センバツ注目】打高投低に”待った”!スラッガー封じに名乗りをあげる5投手! はコメントを受け付けていません。

一冬超えてさらに牙を磨いた好投手たち

センバツ出場を決めているチームの中で、早実の清宮幸太郎選手、履正社の安田尚憲選手の2人の超高校級野手に、打って守れるショート 宇部鴻城の嶋谷将平選手、プロ注目の明徳義塾の四番 西浦颯大選手ら好打者が勢ぞろいしており、2017年のセンバツは打高投低…とは言わせません。プロ注目のスラッガーや強力打線を抑えるのは、”武器”を持った投手たちも出場します。一冬超えて、さらに牙を磨いた好投手を紹介します!

安田大将:東海大福岡

最速120キロ台でセンバツ勝ち取る!打者を幻惑する投球術

スポンサードリンク


実はこのチーム2年前の秋は不祥事で県大会を辞退していました。どん底から這い上がって、昨秋センバツ出場に当確ランプを灯した九州大会準優勝。

センバツ出場を決めた立役者は、東海大福岡のエース 安田大将選手。九州大会を勝ち抜くレベルの右腕、本格派の投手をイメージさせるかもしれませんが、この安田選手、ストレートの最速は120キロほどなんです。

東海大福岡の九州大会準優勝は、むしろこの”遅球”安田選手あってのものとも言えるほどの活躍ぶりを見せました。

スポンサードリンク


では、何が凄いのか。それは、”相手打者のタイミングを外す”のが抜群に上手い。そう、ハイレベルな”投球術”で、強打者を次々と抑えてきたのです。

「自分の長所はストライク先行」

と安田選手が言うように、持ち前の制球力の高さ、最速120キロ台の直球とキレのある110キロ台の変化球のコンビネーションで”外が遠く見えるような投球”を展開。サイドスロー独特のフォームで、打たせて取り、ついにセンバツ出場を勝ち取りました。九州を勝ち抜いた、絶妙な”投球術”で甲子園を沸かせます。

スポンサードリンク

次ページ:>>”怪物”清宮幸太郎を5打席連続三振!

ページ:

1

2 3 4 5
記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 盗塁論に迫る プロ通算228盗塁、史上トップの盗塁成功率を誇る鈴木尚広氏(元巨人)。その走塁のスペ…
  2. 勝負の世界で活躍した父を持つ、妹思いの心優しき兄 福岡ソフトバンクホークスの2016年ドラフト2位…
  3. 近鉄監督就任2年で6位→優勝へ 梨田采配の何がスゴイの? 近鉄、日ハム、そして楽天。2017年も優…
  4. 赤カップ・ライナーバックの青グラブのあの選手は外せない! 2017年シーズン、楽天の則本昂大投手が…
  5. 松井野球教室
    松井秀喜さんから直接指導! 6月25日(日)に、読売ジャイアンツ球場で、松井55ベースボールファウ…
ページ上部へ戻る