【センバツ注目】打高投低に”待った”!スラッガー封じに名乗りをあげる5投手!

  • 2017/2/5
  • 【センバツ注目】打高投低に”待った”!スラッガー封じに名乗りをあげる5投手! はコメントを受け付けていません。

 

桜井周斗:日大三

”怪物”清宮幸太郎を5打席連続三振!スライダーはすでにプロレベル

スポンサードリンク

すでに2017年ドラフト1位候補の話も出てきている早稲田実の清宮幸太郎選手。そんな”超高校級”を圧倒したのが、この桜井選手です。

「あのときに、いけるんじゃないか、と思いました。最初に見られていたら…。でも、振ってくれて。そこからは思い通り。おもしろいように振ってくれた」

秋の都大会決勝で激突した日大三と早稲田実業。勝てばセンバツ当確とされる大一番で見せた圧巻の奪三振ショー。

スポンサードリンク

変化球は横滑りしながら落ちるスライダーだけ。それでも、清宮選手・野村選手の強力3・4番を擁する早実打線から奪った三振は14個を数え、清宮選手から5奪三振と完璧に抑えました。

結果的には日大三高は敗れましたが、桜井選手と清宮選手の勝負は、桜井選手の圧勝でした。最速144キロの直球以上に光ったのは、”伝家の宝刀”とも言えるスライダーでした。
分かってても振ってしまうスライダーを放る背番号8の左腕。野手としてもチームを牽引する”清宮キラー”。再戦が楽しみですね。

スポンサードリンク

次ページ:>>甲子園で5度登板の経験豊富な左腕

ページ:
1

2

3 4 5
記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【PR:MIZUNO】 「間違いなく飛ぶ」新しいビヨンドマックスはこうして作られた! 今年9月の…
  2.  【PR:MIZUNO】 HR率はなんと4.5倍!?ホームラン激増の理由とは? 前回大会(2…
  3. 日米球界に大きな影響を与えるキューバ野球界の動きに注目 カリブ海に位置するキューバ。社会主義国であ…
  4. 独立リーガーにとって大きな2年 〜当時見た石川ミリオンスターズの選手たち NPB入りを目指す多く…
  5. 現地観戦で感じた軟式野球の戦法 2014年8月、第59回全国高等学校軟式野球選手権大会の決勝の舞台…
ページ上部へ戻る