【センバツ注目】打高投低に”待った”!スラッガー封じに名乗りをあげる5投手!

  • 2017/2/5
  • 【センバツ注目】打高投低に”待った”!スラッガー封じに名乗りをあげる5投手! はコメントを受け付けていません。

 

田浦文丸:秀岳館

甲子園で5度登板の経験豊富な左腕!真っ直ぐで押しまくる強気の攻めに注目!

スポンサードリンク


1年秋時から、秀岳館投手陣で活躍してきた左腕。自慢の直球はすでに130キロ後半を計測していました。

2年春のセンバツでは、2試合 4回2/3 8奪三振 3失点と、直球で押すピッチングでの奪三振能力の高さが光ります。2年夏では最速142キロを計測し、夏の甲子園4強入りに貢献しました。

その”直球”を武器に圧巻の投球を見せたのは、新チームとなり、エースナンバーを背負った2年秋の九州大会初戦。長崎東打線を6回まで無安打に抑える投球を見せました。

スポンサードリンク

スライダーやカーブを散りばめながら、要所で最速140キロ台の直球を放る。長崎東打線は手も足も出ず、先発した全打者が三振を喫してしまいました。甲子園のマウンドを経験し、エースとしての自覚も芽生えた2年秋は進化した姿を見せました。

秀岳館にはもう1人甲子園を経験した左腕 川端健斗選手がいます。こちらも、田浦選手とよく似たタイプで最速140キロ台、キレのあるスライダーを持っており、ライバルと切磋琢磨しながら、迎えるセンバツは一体どんな投球を見せてくれるのでしょうか。

スポンサードリンク

次ページ:>>最速140キロ超の縦に落ちるスライダー

ページ:
1 2

3

4 5
記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【PR:MIZUNO】 ホームランアーティスト最大の敵「風」をものともせずGIGAKINGで25発…
  2. 【PR:MIZUNO】 柵越え66発!「スピンをかける」軟式野球のホームランの打ち方が変わる! …
  3. 驚愕の柵越え66発!ギガキングで場外アーチ連発! 今回で3回目の開催となったMIZUNO×G-LE…
  4. お待たせしました大阪のスラッガーの皆さん! 先日66本のアーチが飛び出した第3回 MIZUNO×G…
  5. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
ページ上部へ戻る