将来性重視のドラフト、その現在に迫る!連覇中ホークスの今後を担う期待の5選手を紹介

  • 2016/9/2
  • 将来性重視のドラフト、その現在に迫る!連覇中ホークスの今後を担う期待の5選手を紹介 はコメントを受け付けていません。

二刀流・最速152キロ・高校通算97発〜

14・15年ドラフト指名の若鷹たちがV10へ加速させるか?

2014年、2015年と日本シリーズ連覇中の福岡ソフトバンクホークス。過去2年のドラフトは将来性重視で、なんと高卒選手を10人指名しています。ソフトバンクホークス中心選手の今宮選手も高卒です。

今回は磨けばダイヤモンドになりそうなスター候補を紹介したいと思います!

スポンサードリンク

可能性を感じさせる未完の大器

2014年ドラフト1位 松本裕樹 盛岡大付

肘の故障も抱えながら、夏の甲子園1回戦では変化球主体のピッチングで、140キロカルテットを擁する東海大相模を3点に抑え、チームを勝利に導きました。最速150キロの直球に頼らない大人のピッチングができるピッチャーです。

打撃でも通算54本塁打をマークしており、その野球センスに惚れたソフトバンクホークスが単独1位指名しました。

即戦力より将来性を重視したソフトバンクホークスにとって、松本選手の故障の不安は関係ありませんでした。じっくりゆっくり育てて、世代交代の時が来た時に、完成されたピッチャーになってほしい選手です。2軍や3軍で経験を積んでいます。

5月22日の交流戦では、先発ピッチャーとして徳島ISを9回完封。東海大相模戦以来の9回完投勝利を挙げており、将来が楽しみな大器ですね。

スポンサードリンク

きっかけ掴めば、レギュラー獲得も!センス抜群のキャッチャー

2014年ドラフト2位 栗原陵矢 春江工

1年生ながら4番としてチームを引っ張り、春江工を初めて聖地に導いた栗原選手。1年秋は県大会準優勝、北信越大会初出場初優勝を果たしています。決勝の敦賀気比戦で2ランホームランを放っています。

最後の夏はまさかの初戦敗退も、U18アジア選手権の日本代表に選出され、7番捕手で打率4割をマークしています。

二塁送球1.8秒を誇る強肩と高校通算本塁打26本の打力を買われ、ソフトバンクホークスから2位指名を受けました。まだ一軍の出場はありませんが、二軍、三軍で経験を積み、打って守ってで、一軍の正捕手を虎視眈眈と狙います。

スポンサードリンク

次ページ:>>甲子園を沸かせた最速150キロ超えの剛腕

ページ:

1

2
記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【PR:MIZUNO】 ホームランアーティスト最大の敵「風」をものともせずGIGAKINGで25発…
  2. 【PR:MIZUNO】 柵越え66発!「スピンをかける」軟式野球のホームランの打ち方が変わる! …
  3. 驚愕の柵越え66発!ギガキングで場外アーチ連発! 今回で3回目の開催となったMIZUNO×G-LE…
  4. お待たせしました大阪のスラッガーの皆さん! 先日66本のアーチが飛び出した第3回 MIZUNO×G…
  5. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
ページ上部へ戻る