イチローがいるとチームの勝利がこんなに増える!? 走攻守で評価のWARとは

  • 2016/1/20
  • イチローがいるとチームの勝利がこんなに増える!? 走攻守で評価のWARとは はコメントを受け付けていません。






いつもと違う数字でイチロー選手の凄さを見てみよう

「シーズン262安打」

「日米通算4213安打」

「10年連続ゴールドグラブ賞」

「日米通算697盗塁」

イチローの凄さを表す数字は数々あります。。「走・攻・守」その全てで私たちを魅了してくれるイチロー選手のプレー。今回は、「走・攻・守」の「全てを合わせて」評価することのできる指標でイチロー選手の凄さを分析していきたいと思います。

スポンサードリンク

WAR(=Wins Above Replacement)

これが、今回注目するセイバーメトリクスの指標です。

WARは、「ある選手の打撃、守備、走塁すべてを考慮してその選手の総合的な価値をはじき出し、控えの選手と比べてどれだけチームの勝利数の上積みさせたか」を知ることができます。
WARの数値が「1」の選手は、控え選手に比べてチームの勝利数を「1」増やすことができる、ということになります。

《WAR 数値の目安》
WAR 8.0以上 = MVP級
WAR 5.0以上 = オールスター級
WAR 2.0以上 = 先発メンバー級

では、イチロー選手がルーキーだった2001年と、メジャーシーズン最多安打記録を更新した2004年の成績を例に挙げて、見ていきましょう。

2001年 WAR=7.7

打率.350 242安打 8本塁打 69打点 56盗塁
首位打者 盗塁王 新人王 MVP ゴールドグラブ賞

メジャー挑戦1年目。日本人野手は活躍できるのかが疑問視される中、シーズン序盤から活躍。全米に「イチロー旋風」を巻き起こし、WARの数字も抜群でした。

2004年 WAR=9.1

打率.372 262安打 8本塁打 60打点 36盗塁
首位打者 盗塁王 ゴールドグラブ賞

メジャーリーグのシーズン最多安打記録を更新し、歴史的な活躍を見せたこの年、「MVP級」のWAR=8.0を大幅に上回る9.1を叩き出しました。

スポンサードリンク

「イチローらしさ」がわかる「WAR」

デトロイト・タイガース ミゲル・カブレラ
2012年 WAR=7.2
打率.330 44本塁打 139打点
首位打者 本塁打王 打点王 MVP

これは45年ぶりの打撃三冠王に輝いた2012年のカブレラ選手の成績です。圧倒的な打撃成績を残したカブレラ選手よりも高いWARを叩き出したイチロー選手。「走・攻・守」全てで高いパフォーマンスを発揮するイチロー選手の凄さを表す指標、それがWARであるといえるでしょう。

打率や出塁率など従来ある指標だけではなく、セイバーメトリクスの指標によって、選手を様々な角度で見ることができます。今回はWARというセイバーメトリクスの指標で「イチロー選手の凄さ」を再確認できました。来年もイチロー選手の活躍を見るのが楽しみですね!

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

2006年夏の甲子園決勝再試合。
斎藤佑樹投手に憧れ、早稲田実業硬式野球部に入部。
2年秋からマネージャー兼助監督

大学1年時から株式会社ギガスリートにインターンとしてジョイン。
草野球リーグG-LEAGUEの飛び込みグラウンド営業や、
野球特化メディアの運用・記事執筆を担当。

大学卒業後、ギガスリートに新卒入社。

現在は、ビヨンドマックス ホームラン競争 企画・動画制作も行なっています。

Twitterでは、野球に関する様々な情報・意見もつぶやいています!
https://twitter.com/my_fyutya
フォローよろしくお願いします!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今後の巨人を支えるであろう4人の若手野手 2018年。ここまで巨人の若手選手たちが台頭しつつありま…
  2. 大会参加費無料!全国47都道府県でエントリー開始 軟式野球リーグG-LEAGUEが「フリープラン2…
  3. 【問題】バッティングをしているのは誰?? ヒント1 子供の頃に憧れていた選手は巨人時…
  4. 【PR:MIZUNO】 野球シーズン真っ盛り! ユニフォームの新調をするチームも多いのでは?…
  5. 【PR:MIZUNO】 足元を制するものが、ホームランダービーを制す!? 2017年に東京・大阪…
ページ上部へ戻る