衝撃的な成績『世界一のピッチャー』カーショウを徹底分析!

  • 2014/12/22
  • 衝撃的な成績『世界一のピッチャー』カーショウを徹底分析! はコメントを受け付けていません。

メジャーにはすごい選手がまだまだいる!

2014年の日米野球。侍JAPANがメジャーリーガーと戦う姿を観戦して、メジャーリーグにさらに関心の沸いた方も多いのではないでしょうか?今回の日米野球でメジャーリーガーたちの世界基準のプレーを見ましたが、来日した選手の他にも、メジャーリーグにはまだまだ規格外の選手がたくさんいます。今回は、現在「世界一のピッチャー」と称されるクレイトン・カーショウ投手をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

どんなピッチャー?

2014年、21勝3敗で最多勝、勝率は驚異の.875。4年連続の最優秀防御率、ノーヒットノーラン達成、そして、2年連続3回目のサイヤング賞に選ばれた26歳の左腕です。88年生まれで田中将大投手、坂本勇人選手と同じくプラチナ世代です。150キロに迫る真っすぐと縦に大きく割れるカーブを中心に、打者を翻弄していく左の本格派ピッチャーです。

 

カーショウのここが凄い!

ここ4年の活躍は、ただただ「凄まじい」の一言です。

  • 2011年 21勝5敗 防御率2.28 248奪三振
  • 2012年 14勝9敗 防御率2.53 229奪三振
  • 2013年 16勝9敗 防御率1.83 232奪三振
  • 2014年 21勝3敗 防御率1.77 239奪三振
MVP1回 最多勝2回 最優秀防御率4回 最多奪三振2回 サイヤング賞3回

過去サイヤング賞を3回以上受賞した投手はカーショウ投手を入れて8人しかいません。カーショウ投手は今年3回目の受賞。まだまだサイヤング賞の受賞を重ねる可能性は充分にあります。

スポンサードリンク

 

破格の超大型契約!

2014年1月、カーショウ投手はロサンゼルス・ドジャースと7年契約を結びました。報道によるとその総額は2億1500万ドル。日本円にして約255億円。メジャーリーグの投手として史上最高額の契約でした。そして、大型契約のプレッシャーを物ともせず、2014年も他の追随を許さないピッチングを見せます。しかも、2014年の成績は、怪我で1ヶ月離脱した上での成績というから衝撃的です。

 

来年からはポストシーズンでの活躍にも期待!

現在26歳。プロ生活7年目で98勝。300勝夢ではないのではと感じさせるほどの成績を挙げており、現時点でも21世紀最高の投手の1人の仲間入りをしていると言えるでしょう。2014年のシーズン中は圧倒的なピッチングを見せたカーショウ投手ですが、ポストシーズンでは2戦2敗。終盤に手痛い一打を打たれてしまいました。来季以降は、初の世界一に向けて、ポストシーズンでの活躍にも期待がかかります。

 

今回、改めて「世界一のピッチャー」の称号が大げさではないことが確認できたカーショウ投手。カーショウ投手を日本で見れる日が来る…かも、という期待を持ちつつ、カーショウ投手の2015年以降のさらなる活躍に注目しましょう!

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

2006年夏の甲子園決勝再試合。
斎藤佑樹投手に憧れ、早稲田実業硬式野球部に入部。
2年秋からマネージャー兼助監督

大学1年時から株式会社ギガスリートにインターンとしてジョイン。
草野球リーグG-LEAGUEの飛び込みグラウンド営業や、
野球特化メディアの運用・記事執筆を担当。

大学卒業後、ギガスリートに新卒入社。

現在は、ビヨンドマックス ホームラン競争 企画・動画制作も行なっています。

Twitterでは、野球に関する様々な情報・意見もつぶやいています!
https://twitter.com/my_fyutya
フォローよろしくお願いします!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. みなさんは普段、どのように野球の情報を仕入れていますか? 野球に関する様々な意見を発信しているG-T…
  2. 2019/3/7

    「122対0」
    過去最高得点差!? 現在高校野球では地方予選において神奈川を除いて決勝以外はコールドゲーム規定という…
  3. プレッシャーに向き合った等身大のヒーロー 高校3年生の原選手はドラフト直前にプロ入りを拒否し大学進学…
  4. 最強の少年スラッガー決定戦!! 第一回 ホームラン22本。第二回 ホームラン30本。第三回 ホーム…
  5. ストレートMAX球速も141キロ。なぜ田中投手が勝てるのか注目してみた。 2018年シーズン、東京…
ページ上部へ戻る