「次元が違う」と言わしめたイチローの新兵器『ビモロスパイク』とは?






道具も一新?!

2015年から新天地マイアミ・マーリンズでプレーしているイチロー選手。そのフレッシュな気持ちを表現するように、イチロー選手は今季道具を大きく一新しました。イチロー選手はバットは黒から白へ。グラブも黒からチームカラーのオレンジへ。

そして、スパイクもアシックス社のスパイクから、ワールドウィングが開発したビモロスパイクへと変わりました。

95年にアドバイザリー契約を結んで以降、20年間アシックス社のスパイクを愛用してきたイチロー選手。その慣れ親しんだスパイクではなく、2015年シーズンから使用している「ビモロスパイク」とは、いったいどんなスパイクなのでしょうか。

スポンサードリンク

 

初動負荷理論『ワールドウィング』

ビモロスパイクを開発したワールドウィングは鳥取県にあるスポーツジム。以前からイチロー選手は、ワールドウィング創設者の小山氏が提唱している初動負荷理論を元にしたトレーニングを取り入れており、イチロー選手のプレーの土台となっていました。

「僕の野球生活では外せない人。しっかりと支えてもらっている存在。僕自身のことは僕が分かっているようで分からないこともたくさんある。これだけ長い間、僕の体のこと、気持ちのことも知っている人はいない」

イチロー選手は代表の小山裕史氏についてこのように語っており、全面の信頼を置いています。

スポンサードリンク


 

『ウサイン・ボルトの走りをイメージした』ビモロスパイク

100メートル9秒58の世界記録を持つ『人類最速の男』ウサイン・ボルト氏の「薬指から着地して母指球に力を伝える」という着地を再現したというこのスパイク。国際特許を取得したソールによって、薬指から着地することが可能になったといいます。

靴底に着いている歯も一般的なスパイクが6~9本なのに対し、ビモロスパイクは13本。これにより、バランス性や瞬発力を高くキープできといいます。それでいて片足270グラムという軽さをキープしています。アドバイザリースタッフとして中日の山本昌投手の意見も参考にして作られ、本人も2013年から使用し、サンフランシスコ・ジャイアンツの青木宣親選手も2015年から使用しています。

スポンサードリンク


スピード感溢れるイチロー選手のプレーにとって、足元を支えるスパイクは重要な存在です。

「これまでとは全く感覚の異なる、次元の違うもの」

イチロー選手にそう言わしめた「ビモロスパイク」そんな異次元のスパイクを着用したイチロー選手は、2016年、どんなプレーを見せてくれるのでしょうか。目が離せません。

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

《球歴》
・芝園イーグルス (少年野球)
・芝中 軟式野球部
・早稲田実業 硬式野球部
 2年秋からマネージャー
・草野球チーム 芝中おーたず GM
       上柚木トランシーバーズ GM


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 驚愕の柵越え66発!ギガキングで場外アーチ連発! 今回で3回目の開催となったMIZUNO×G-LE…
  2. お待たせしました大阪のスラッガーの皆さん! 先日66本のアーチが飛び出した第3回 MIZUNO×G…
  3. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
  4. 【PR:MIZUNO】 予想&実戦検証!新ボールで試合をしてわかったこと 新軟式ボールM号が発売…
  5. 小学生〜高校生の野球人口が激減している 筆者が小学生だった頃、男子生徒のクラブ活動といえば野球かサ…
ページ上部へ戻る