ついに!PL学園が高野連から脱退..高校野球の一つの歴史に幕が落とされる

高校野球から撤退

大阪府高野連は3月29日、PL学園高校(大阪)から脱退届が提出され、受理したと発表しました。2015年度から部員募集を停止したことで昨年夏の地区予選敗退後には部員がおらず休部状態に。そしてついに名門高校が廃部という高校野球の一つの歴史に幕が落とされました。しかし、その栄光の歴史は時が経った現在も色あせることはありません。

スポンサードリンク

甲子園出場35回。歴代2位の甲子園96勝。春3回、夏4回の全国制覇。

清原選手と桑田投手のKKコンビで一世を風靡し、その後の1987年に春夏連覇。

1998年には横浜高校と延長17回の死闘。

甲子園の歴史を彩ってきたPL学園。

またプロ野球の世界にも多くの選手を輩出してきました。

>>PL学園出身のプロ野球選手一覧はこちら

高校野球とプロ野球。その歴史の中に常にいたPL学園。改めて振り返ってみても、やはりその功績は偉大でした。

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
G-TIMES編集長

G-TIMES編集長総合編集長

投稿者プロフィール

野球に関する様々な情報・意見を発信するサイトG-TIMESの編集長です。


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. サイドスローといえば日本の投手のイメージ? 「変則投手はメジャーで成功する」 そんな考えをお…
  2. 今も昔も使い手はごくわずか。パームボールとは・・・ 友達同士でキャッチボールをしている時、ふざけて…
  3. 仕事風景
    野球大好きな、野球にもっと詳しくなりたいあなたからの応募をお待ちしております! …
  4. 蒼天のショート塚野智己選手がG-LEAGUE7thシーズンのベストグラブ賞を受賞しました! …
  5. オープン戦絶好調のロッテ助っ人 パラデス&ダフィー 今後の成績はどうなる? オープン戦に…
ページ上部へ戻る