『盗塁成功率82.91%』鈴木尚広の盗塁論とその驚きの”リスク管理”  7/3「みんなのプロ野球ファンミーティング」開催レポート!

  • 2017/7/26
  • 『盗塁成功率82.91%』鈴木尚広の盗塁論とその驚きの”リスク管理”  7/3「みんなのプロ野球ファンミーティング」開催レポート! はコメントを受け付けていません。

盗塁論に迫る

プロ通算228盗塁、史上トップの盗塁成功率を誇る鈴木尚広氏(元巨人)。その走塁のスペシャリストが語ったのは、「みんなのプロ野球ファンミーティング」という、プロ野球選手を中心にプロ野球に精通したゲスト陣と、プロ野球スタジアムDJケチャップ氏が繰り広げるファン参加型ライブトークイベント。ファンとゲストの近い距離が魅力のこのイベント、第5回目のこの日は、プロ通算228盗塁、史上トップの盗塁成功率を誇る鈴木尚広氏をゲストに迎え、会場には、歓声も驚愕の声も、色々な声が湧いていました。

スポンサードリンク

まるでテレビゲームの世界?!驚愕したプロ入り当初

高校時代、牽制で刺されたことがほとんどなく、試合に出れば盗塁を重ねていた鈴木さんだが、プロのピッチャーのクイックを見た瞬間に「すげー」と圧倒され全く動けなかったという。

プロ一番最初の衝撃は、デニー友利さんだった。クイックも速かったし、スライダーの変化が尋常じゃなく、フォークも視界から消えた。それはまるでファミコンの世界のようだった。

 

鈴木尚広氏&DJケチャップ

当日のゲスト鈴木尚広氏と、MCのDJケチャップ!

 

同じく元ジャイアンツの辻内さんも、女子プロ野球のPRに登場!

スポンサードリンク

チームメイトが代走を期待してみんな見てくる

プロ入り当初はプロのレベルに圧倒された鈴木さんも、その走力でジャイアンツで不動の代走の地位を獲得していく。

最初に盗塁を走ったキャッチャーは谷繁さん。ちょうどこのイベント前日、東京ドームのレジェンドシートで鈴木さんと一緒だった谷繁さんに言われた言葉ー「鈴木に走られたらピッチャーが悪い」もはやキャッチャーがいくら頑張っても防ぎようがないと思わせるほどの、圧倒的な走者になっていた。

「由伸さんはまずネクストバッターズサークルで僕の居場所を確認するんです。で、ヒットで出て一塁でレガース外しながら俺を見てくる」

「矢野謙次は大体代走が俺なんですけど、こうやって(手の平を内側にし指を動かして)俺を呼ぶ。僕先輩なんですよ(笑)」

それ以外でも、色々な選手が代走を期待して鈴木さんを見てきたという。

何より、鈴木さん自身も強く驚いたのが、原監督が走塁が持ち味の松本哲也選手に対して「代走、鈴木」を告げたときだという。監督からの絶対の信頼があってこその采配。まさにスペシャリストと言える。

そんな鈴木さん、どのように盗塁を成功させていたのだろうか?

スポンサードリンク

>>次ページ:「谷繁さんは初球から走るのは怖いんじゃないかという気持ちを逆手にとってくる」

ページ:

1

2
記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【PR:MIZUNO】 ホームランアーティスト最大の敵「風」をものともせずGIGAKINGで25発…
  2. 【PR:MIZUNO】 柵越え66発!「スピンをかける」軟式野球のホームランの打ち方が変わる! …
  3. 驚愕の柵越え66発!ギガキングで場外アーチ連発! 今回で3回目の開催となったMIZUNO×G-LE…
  4. お待たせしました大阪のスラッガーの皆さん! 先日66本のアーチが飛び出した第3回 MIZUNO×G…
  5. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
ページ上部へ戻る